カテゴリー別アーカイブ: ポメラDM20

私がポメラ(pomera DM20)を使わなくなった理由…

キングジムから発売してる(してた?今でも販売してるよねw)ポメラ(pomera)ってご存知?
ちっこい液晶画面とキーボード。
ATOKを積んだ「文書作成に特化した」ガジェット。

キングジムのポメラ。DM-20でございます。

キングジムのポメラ。DM-20でございます。

これはpomera Premium model DM20。(ポメラ プレミアム モデル DM20)
天板がアルミ板で、オプションで交換できるタイプ。

「ぱっと開いて2秒で起動!」がうたい文句で、「いつでもどこでもメモれる」電子メモみたいなもの?
見やすく目に優しい5インチのTFTモノクロ画面と、パンタグラフ式の打ちやすいキーボードが特徴でございます。

ちなみに、約3年前の2013年11月にポチったw
※by Amazon
その当時は、1万円弱だったかな?

DM5,DM10,DM20,DM100っていう4種類のモデルがあって、画面の大きさとかメモリー容量が異なっていて、DM100以外は折りたたみ式キーボード搭載でございます。

続きを読む

ポメラ…割り切りの良さがポメラの良いところだよねw

ディスプレーとキーボードがついてるのに、今時ネットに繋がらない端末?電子機器って珍しい存在だよね。
スタンドアロンで文書作成機能のみ!この割り切りがポメラのヒットを生み出した。キングジムさんも思いきったことしたね~

ポメラとともに数ヶ月過ごしてますが、確かにメールぐらいとか、ウェブぐらい見れても良いんじゃない?っていう気もします。でも、メールもウェブもスマホがあればできるし…外出するときはスマホも一緒。そう思うと特に不便は感じないですね。

文書を打ち込み、内蔵メモリーまたはマイクロSDカードに保存する。それだけの機能しか持たない電子文具がポメラなんだから、使う側も「ポメラは文書を打つだけ」そういった割り切りは必要。打ち込んだ文書は、QRコードでスマホに転送するなり、USB接続で母艦となるパソコンに転送して処理すればいい。あくまでもポメラは「文書作成マシン」に特化。
ここまで割り切ると、ある意味気持ちいいですね。

そうなると、気持ちよくサクサクと打ち込みたい。打ち込める?ん…日本語変換がちっと弱いかなぁ。

ご存じのようにポメラには日本語変換としてATOKが実装されていますが、更新も機能追加もされない必要最低限の機能しか実装されてないんですね。

パソコンの場合、定期的にバグを修正したり変換効率とか文章読解力?などの修正・機能拡張が行われますが、ポメラのそれは、ポメラ製造時点で固定されてしまって、以降何の修正も機能拡張も行われない。
もちろん必要最低限の機能、日本語の変換は実現されてるから、使用に支障はないんだけど…

単語登録で自ら辞書を鍛えるしかない!そういった割り切りも必要かと。

割り切りばっかりで使いにくいんじゃない?って思われる方もいらっしゃるかも。購入・導入に躊躇する事もあるかも。

数ヶ月使った感想としては…それでもポメラは楽しい。どこにでも持ち歩けて、思い立ったときにすぐに打ち込み始められる。もちろん電池も長持ち。

万人にお勧めできる物ではないかもしれないけど、私的には買ってよかったって思う電子文具ですね。

※ポメラについてはこちら!ポメラのある生活

ポメラ(pomera DM-20)に関することは…

このブログに書いてもいいのですが、

ポメラ(pomera DM-20プレミアムシルバー)に関することばっかりになりそうなので、新たにポメラ専用のブログを立ち上げました。

ポメラのある生活

これからはポメラのことは「ポメラのある生活」の方に書いていきますので、皆様よろしくです。
※こちらのブログにあるポメラの記事も順次移していきます。

複数の文書を同時に開けたら便利なのになぁ…ポメラDM20

ふと思った。

今までシグマリオンとかWindows系のエディタを使ってて、Windowsって複数の文章を同時に立ち上げて編集できるじゃないですか。
器用じゃないので複数を同時に編集(書く)する事はできないんだけど、ちょっとしたメモ?思いついたネタとかをちょっとメモしておきたい。そんなときすぐに文章を切り替えてメモっとく。
ちょっとしたことなんだけど、後で役に立つっていうか。でもポメラでは複数文章を同時に立ち上げてなんてできないのよね。今書いている文章を保存して、新しいファイル(例えば、メモエトセトラみたいなファイル)を開いてメモって保存、さっき編集していた文書ファイルを開いて…

はぁ~結構面倒いなぁ。さくっと切り替えてってできればすごくいいのに…
そこでおじさん考えたw文章編集中に他のことができないか?…できることはただ一つ。そう!日記の機能が使えんかしら?

※日記(日付メモ)の機能…カレンダー、日付にひも付いた文書が欠ける機能。1日あたり最大8000文字までで、本体メモリに保存され、メモリ容量は16.7メガバイトで、8000文字書いたとして、約1000日分保存されます。

早速やってみた。まずalt+F1を押すとカレンダーが表示されてenterを押すとメモリ容量確認後メモ画面がでます。

ポメラDM20のカレンダー画面

ポメラDM20のカレンダー画面

日付メモの空き容量確認中

日付メモの空き容量を確認中。ちょっと待たされます。

日付メモが開きました。さくっとメモろう!

日付メモが開いて入力可能に!さくっとメモろう!

そこでさくっとメモしてESCキーを3回(保存されてカレンダ表示に戻る→menuキーを押した状態に戻る→)押せば本文編集画面に戻るので、続けて書くことができるのね。
ウィンドウを切り替えてさくっとっていう訳にはいかないけど、ポメラではこれが唯一の方法なのかなぁ…

※メモの内容はあえて触れない。激おこぷんぷん丸ってなんだ?(笑)

もちろん本文から日付メモへのコピーペーストとかできるから、さほど不便は感じないかも。あ、感じるとすれば、日付メモは日付にひも付けられてるから、日付が変わると当然新しいメモになる。過去のメモをみたければ日付をさかのぼる必要があるのよね。

ホント文書の入力と編集に特化っていうか、それしかできないっていう割り切りの良さ!ますます気に入ったねw

ポメラ DM20来た~♪

日記とか文章を書いてブログなどネットに投稿する。ブロガーっていう定義があるならば、僕もブロガーの端くれなわけで…暇を見つけては書いてます。
っていうか、いつもはノートパソコンを立ち上げて、ワードプレスとかの管理画面を開いて、新規投稿をクリックして…なんてやってると、せっかく考えていた(書こうとしていた)ことを忘れて、あれ?とかなっちゃうんですよね。シグマリオンこれ、昔懐かしのNTTドコモのシグマリオンでございます。WindowsCE搭載のPDA。もうずいぶん前のマシンですが、昨日までは現役でございました。
WindowsCEって組み込み用のWindowsで、電源入れるとOFFする前の状態ですぐ立ち上がってくれる。エディタで文章を書いてても、すぐにその状態に回復してくれるからすぐに続きを書き始めることができるんです。
モペラと同じじゃん?いえいえ、キーボードが小さいし、画面も昔のカラー液晶って見にくい(へたってるっていうのもあるかもしれないけど)んです。一応ATOK使えるけど、今ほど賢くありません。

小さいし充電式だからどこでも持っていける。自室で書いたりリビングに持っていったり。もちろん外出先でも…結構便利に使えます。

でも…さすがに見にくい液晶はつらく、そろそろ世代交代して、シグマリオンは隠居かなぁって思ってたんです。ポメラDM20じゃじゃん~♪
前から気にはなってたんですよね。書くためだけの電子文具ポメラ。発売から数年がたち枯れてるっていえばそうなんだけど、書くためだけ、文章を書くためだけならとても優れたアイテム。
それに、これが一番大きな要因なんだけど、「値段が下がってきた!」。
最新機種はDM25なんだけど、これは一世代前のDM20。なんと!参考価格の74%オフ!一万円以下で買えるようになったんですよね。そうですとも!思わず飛びついちゃいました(^O^)v
ちなみにDM5なら4千円以下、DM10でも6千円以下で入手できます。ただ、2世代前になると一つの文章が8千字までとか液晶が4インチ(ポメラDM20は5インチ)とか…DM20に比べてやっぱり見劣りするんですよね。
※もちろん8千字以上いらないとか、液晶も4インチでいいのなら、DM5,DM10も買いですよね。
ポメラDM20とシグマリオンということで、シグマリオンからポメラDM20に世代交代。キーボードも(シグマリオンと比べて)打ちやすい大きさになったし、なにより液晶が見やすい!バンバン書ける!

ブログの下書き、コラム書き、カレンダーに連動した日記…これから活躍してくれそうです。