タブレットに ちょー最適なBluetoothマウス(エレコム モバイルマウス CAPCLIP)

ASUSの10.1インチ アンドロイド タブレット「TF103C」(キーボードドック付き TF103-BK16D)を使ってます。
キーボードドック付きなので、ノートPCライクに使っているのですが…何かが足りないw

そう!マウスがないんですね!
タブレットって基本的には画面を指でタッチしたりスワイプしたり…マウス?要らねんじゃね?

いえいえいえいえ!
ノートパソコンのように使ってる私としては、いちいち画面をタッチとかしないんです。
マウスでヒョイッとやりたいんです。

エレコム Bluetooth接続のモバイルマウス「キャップクリップ」でございますw

エレコム Bluetooth接続のモバイルマウス「キャップクリップ」でございますw

エレコムのモバイルマウス「CAPCLIP」でございます。※by アマゾン 1918円w
ブルーツゥース3.0 クラス2搭載の無線マウスでございますw

持ち運びはコンパクト、使うときにキャップから抜いて後に挿すと…大きさ的にも普通のマウス!
お洒落で可愛いけど、かなり使える無線マウスです。

ではまずは箱の外観からチェックしていきます。

キャップクリップの箱の裏面。説明書きっすね。

キャップクリップの箱の裏面。説明書きっすね。

シースルーがこれまたオシャレw箱にもこだわってますねぇ~

シースルーがこれまたオシャレw箱にもこだわってますねぇ~

なんと!見開きになってる!エレコムさんのこだわりが伝わりますねw

なんと!見開きになってる!エレコムさんのこだわりが伝わりますねw

と言うことで早速開封。

箱の中身は…説明書、本体、充電ケーンブル(マイクロUSB)。以上!

箱の中身は…説明書、本体、充電ケーンブル(マイクロUSB)。以上!

説明書、マウス本体、充電用の短めのマイクロUSBケーブル。以上!至ってシンプルでございますw

マイクロUSBケーブル?
そう、このマウスは電池要らずの充電式なんです。

ちょっとマウスの仕様的なものをご紹介しておきましょう。

  • Bluetooth 3.0 Class2 HIDプロファイル
  • 周波数帯は2.4GHz
  • IR(赤外線) LED 1200カウント
  • 左右2ボタン+ホイール 1ボタンの合計3ボタン
  • 使用時は 41(幅) x 87(奥行) x 30.3(高さ) ミリ、収納時は奥行きが52ミリ
  • 重さは約38グラム
  • 連続使用時間約18時間(想定可能使用日数約32日)
  • イエロー、ピンク、ブルー、ホワイトの4色があります※私がポチったのはブルー!

となっています。
※1日8時間のうち5%使用←想定使用可能日数。つまり、充電しておけば1月間は使えるってことっすねw

ホイール付き3ボタン。

ホイール付き3ボタン。

左右のボタンは、ほぼ指の幅くらい。ホイールも小さめだけど、クリック感もあり十分使いやすいです。

裏面はIR LEDと電源スイッチ。

裏面はIR LEDと電源スイッチ。

左が電源スイッチ。赤はOFF。スライドさせると緑が出てきて電源ONになります。
右側のはIR(赤外)LEDとセンサー部。
本体の上とクリップに2箇所、滑りやすいようにテープが貼られています。

使用時の大きさはこんな感じ

使用時の大きさはこんな感じ

左はロジクールのM305、右はバッファローのBSMBW08。どちらもBluetoothじゃない無線マウス。
使用時の長さ的にはほぼ同じ。

キャップに格納するとこんなにコンパクト!

キャップに格納するとこんなにコンパクト!

キャップに格納するとこんなに小さくなるのですw

そうそう、無線マウスがあるんならBluetoothマウスって要らねんじゃね?無線マウスで十分じゃね?

無線マウスだと貴重なUSBを専有しちゃうのです。

無線マウスだと貴重なUSBを専有しちゃうのです。

いえいえいえいえw
TF103Cにはキーボード側にUSB2.0が1個だけ。
ココに無線マウスのUSBアダプターをつけちゃうと、他にUSBメモリーとか挿したいときに使えないのです。
USBハブを繋げばいいけど、見た目がスマートじゃないし。

本体のマイクロUSBにOTGケーブル経由で繋げられるんじゃね?
まぁそうだけど、タブレットを充電してる時は使えないわけで(汗)
※今は充電しながら使えるケーブルもあるみたいですね。

そこで、Bluetooth接続となるわけです。
※Bluetoothには散々苦しめられてるのにね~されどBluetoothなんですw

マウス本体を充電!

マウス本体を充電!

早速充電して使える状態にします。
後のゴムキャップををめくるりマイクロUSBを接続して充電。
充電中はホイール下にあるLEDが赤く点灯します。(充電が完了すると消灯ね)
※満充電まで約3.5時間だそうですが、私は15分位で使い始めちゃったw

ペアリング終了!これでマウスが使用可能になりました。

ペアリング終了!これでマウスが使用可能になりました。

TF103C側のBluetoothをONにしてデバイス検索。
キャップクリップも電源をONにして、マイクロUSB端子の横にあるペアリングボタンを2~3秒ほど押し続けます。
※説明書では先の尖ったもので押すとか書いてあるけど、指でも十分押せます。

TF103C側でキャップクリップを認識しますので、接続してやればペアリング完了です。
※一番上の行の「ELECOM  IR Optical Mouse」がキャップクリップ。

さて、肝心の使い心地ですが…
今まで使っていたマウスみたいに、手で包み込むようなスタイルではキャップが角張っていて…
でも特に痛いとかではなく、長さも87ミリと十分あるので扱いには困りません。

Bluetooth接続のマウス(無線マウスもそうだけど)って、反応速度や解像度においてはゲームとかには向きません。
でもメールやウェブ、文章を書いたり表計算…ノートPC感覚で使う分には必要十分!
それにキャップに格納すればとてもコンパクトになるので、タブレットと一緒に持ち運んでも、全然邪魔にならない。
まさにタブレットにちょーぴったりなマウスですね。

キャップにクリップがついてるので、挟んでおくことも可能!

キャップにクリップがついてるので、挟んでおくことも可能!

キャップにクリップがついてるから、タブレットのケースに挟んでおけば移動時も楽w
カバンに入れても邪魔にならず、ほどほど使い勝手の良いマウスをお探しなら、チョーおすすめの逸品でございますw
※もちろんアンドロイド タブレットだけじゃなく、Windows7、8.1、MacOSなどにも対応してます。

と言うことで、タブレットチョー最適な無線マウス「エレコム モバイルマウス CAPCLIP」のお話でした。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

 


※イエロー、ピンク、ブルー、ホワイトの4色!好きな色を選んでねw


(Visited 1,408 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*