業者選びで思うこと、大切なこと(熱源機交換)

熱源機やガスコンロ(ビルトインコンロ)、給湯器などの交換の時、最初に悩むのが「業者」探しと選定。
ふだんの生活の中では接点がほとんどないので、最初は闇雲にネットで検索したり、ホームセンターやショールームを見たり。
私はネットで探したんだけど、検索するだけでホント多くの業者さんが出てくるんですよね。

ちなみに、ネットで多く出てくる業者さんは、一言で言えば「工事屋さん」。熱源機や給湯器を売ることで利益を出してるのではなく、交換や取り外しなど工事そのもので利益を出してる業者さんが多いです。
なので、極端な言い方をすれば、工事が終わった時点、代金を精算した時点で縁が切れる。アフターサービスはほとんど無いって思ってた方がいいです。

もちろん保証はあります。私がお願いした業者さんも工事部分は10年保証、機材はメーカー保証があります。
ここで注意することは、あくまでも「業者さんは自分でやった工事部分のみ保証」であって、機器も含めたトータル、システムでの保証ではないって言うことです。

自分でやった工事のみ…業者さんが行った配管の取り外し・取り付け部分のみ保証。具体的に言うと、例えば、熱源機に取り付けた水道の配管、お風呂への配管などの機器への接続部分の水漏れは保証の範囲だけど、それ以外は保証の範囲外っていう感じ。
熱源機や給湯器、ビルトインコンロなどの機器本体はメーカー保証で対応。つまり、故障したらメーカーに修理依頼する。もちろん自分でね。
故障の切り分けも自分でやる必要があり、適切な場所(メーカー?工事業者?)に連絡するのも自分でやる。

ちょっとリスクが高いって感じる方もいらっしゃると思うけど、ガス器具って元々耐久性っていうか安全性は高いし、故障率も低い。うちは19年使ってたけど、故障(お風呂の自動お湯張り)は今回が初めて。もちろん漏水、ガス漏れも全くなかったです。

故障したら自分で適切に対応する。リスクは高いかもしれないけど、それに勝るメリットが「価格・代金」。
うちが付けたリンナイの熱源機、希望小売り価格は40万円を超えています。でも見積もりでは17万円ほど。リモコンやその他の機材を加えても機材一式で23万ほどです。で工事費が4.5万円ですから、合計約27万円ほどです。

機材については、各業者さんで同じ値段って言うわけではないけど、高くても希望価格の半分以下!これは魅力ですよね。

故障したときに自分でっていうリスクは十分認識しておく必要はありますが、コストパフォーマンスで考えると、専門の工事業者っていう選択肢もありだと思うんです。

高くてもアフターサービス・システムサービスを望むのか、リスクはあるかもしれないけど価格で選ぶのか…じっくり考えて業者さんを選びましょう。

どちらにしても、信用・実績第一ですよ!
そして、必ず複数業者から見積もりを取りましょう!
・機材の提供価格
・工事・作業の金額
・工事内容
疑問があれば、必ず業者さんに質問してください。
説明などの対応も含めて業者さんを選んでくださいね!

(Visited 122 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*