お気に入りの腕時計、カシオ プロトレック(PRT-50)のベルト交換~

ホントお気に入りなんですよ!
カシオのプロトレック PRT-50 ツインセプト ツインセンサーでございます。

カシオ プロトレック PRT-50 ツインセプト ツインセンサー!

カシオ プロトレック PRT-50 ツインセプト ツインセンサー!

アナログの文字盤に液晶でデジタルの時刻表示とかが浮かび上がるんです。
温度と気圧がはかれます。
今時じゃないので、電波時計とか太陽光発電は無し!
でね、もう20年以上愛用してるんだけど…

壊れませんw

でもね、電池切れで動かなくなったり、ベルトが切れたり…
自分で電池交換するんだけど、パッキンとか交換しないから…おそらく防水って言う意味では10気圧は無理かと(汗)
※仕様上は10BARになっております。

で、今回ベルトの余ったところを抑えてる輪っか?のところが切れかかっちゃいまして…

アマゾンってさぁ、どんな小さいものでも巨大な箱で送ってくるよねw

アマゾンってさぁ、どんな小さいものでも巨大な箱で送ってくるよねw

アマゾンで探したら、合いそうなベルトがあったのでポチった。
※千円ポッキリ(笑)
それにしても…腕時計の交換用ベルト1本だけなのに、なんとも巨大な箱で送ってくるのよね by アマゾンw
プライム会員なので、もちろん送料無料!お急ぎ便で翌日配達w

交換用ベルト。もちろん純正ではありませんw

交換用ベルト。もちろん純正ではありませんw

純正だと3千円以上するんだよね。
こちらの商品、交換用のツールも付いて千円w

ちなみに、腕時計のムーブメント部分のベルト取り付け幅は20ミリ。
こちらの商品ももちろん20ミリ!
※ベルト交換をお考えの方、取り付ける部分の幅はしっかり確認しておいてくださいね。

この部分が切れかかってしまって…

この部分が切れかかってしまって…

分かります?
ベル止めの輪っかが切れかかってます。
ちなみに、今付いてるベルトも純正ではありません。
かなり前にベルトの止め穴から破れちゃったので、とりあえずヨドバシ(だったかな?)で買って自分で交換してます。

まずはツールを使ってベルトを外して…交換開始!

まずはツールを使ってベルトを外して…交換開始!

ベルトは細い棒で取り付けられてます。
中にスプリングが入ってるので、両端の部分が引っ込むんですね。
付属のツールを使って、先端部分を縮めれば簡単に外れます。

交換完了!

交換完了!

5分もかからず交換完了!

でね?
写真でもわかると思うけど…細い!薄い!
ムーブメント自体が直径5センチ位あるんだけど、ベルトが1.7センチくらいしか無く(以前付けてたベルトは約2センチでした)、なんとなくバランスが悪い(汗)
厚さも以前付けてたものより薄くて…なんだか安っぽいなぁ

まぁ千円だからねぇ

とりあえず使えるようになったし、ムーブメントが壊れれるまではガシガシ使っていきたいと思っております!

と言うことで、本日はお気に入りの腕時計 カシオ プロトレック PRT-50 ツインセプト ツインセンサーのベルトを交換したよっていうお話でした!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!


(Visited 2,147 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*