R104TAF-W10にBluetoothキーボード!結構便利w

ASUSのR104TAF-W10
ウィンドウズ10搭載の10.1インチタブレット(キーボードドック付き)なんだけど、最近はキーボードドックと切り離して、タブレットとして使うことも多く。

ソフトキーボードって苦手なんですよ(汗)
なので、手持ちのワイヤレスキーボード(ブルートゥース キーボード)を繋いで打つことも多くw
以前買ったマイクロキーボード?RiiのRT-MWK02を繋いでちょっとした入力に使ってます。

Riiのマイクロキーボード。ちょっとした入力ならこれで十分!

Riiのマイクロキーボード。ちょっとした入力ならこれで十分!

小さいねぇ~
でもちゃんとした日本語キーボード@配列はちと特殊だけどw
タッチパッドと左右マウスボタン、上下左右のカーソルキーも付いてるから、ちょっとした入力とかならこれで十分!

7.5ミリ角のキーがちんまりと並んでるキーボード。
Bluetooth対応の無線キーボードでございます。

でね?
なんとレーザーポインターも内蔵されてるんですよ!
ワンタッチ(Fn+Alt)でカーソルキーの上下左右が入れ替わる。
レーザーポインターを使ってる時に、カーソルキーが最適な配列になるように変更できるんですね。
※私はプレゼンとかで使ったこと無いけどw

ワンクションキーもWindowsに対応してます!

ワンクションキーもWindowsに対応してます!

左下のFnキー(写真では映ってませんねw)との組み合わせで、キーボードのバックライトを点灯させたり、ミュート、音量調整、プレイ、早送りとか機能します。
キーはクリック感があるので押しやすいですね。←ちっこいから長文入力には不向きですがw

7センチx15センチ!やっぱり小さいねぇ~

7センチx15センチ!やっぱり小さいねぇ~

キーボードの大きさ比較。
一番下はASUS Transbook R104TAF-W10付属のキーボードドック。
その上はエレコムのBluetoothキーボード TK-FBP069BK。

キーボードドックとエレコムのはほぼ同じ大きさ(本体幅とキースイッチね)
なので、スタンドにタブレットを立てかけてキーボードを置くと、横幅もピッタリ!
2in1ノートパソコン並みに見えますね。

で、やっぱりRiiのRT-MWK02は小さいねぇ。
7センチx 15センチの大きさにキーボード、トラックパッド、矢印キーとか詰め込んでるからねぇ。
さっきも書いたけど、長文入力には向かないです。
せいぜいパスワードとか検索文字を打つくらいかな?
でも、ソフトキーボードよりは遥かに打ちやすいです。
※レーザーポインター内蔵の時点で、プレゼン用のキーボドなんでしょうねw


自分で言うのも何ですが…結構キーボード好きなんですよ。
ホント両手の指の数くらい持ってはいるんだけど、やっぱり気にったキーボードを長く使うよね。

そういう意味ではRiiのRT-MWK02も、プレゼントかはしないんだけど、ガジェットとして気にいってて。
なかなか使う機会はなかったんだけど、Winタブレットにぴったりじゃね?
ってことで、ホコリを払って使い始めておりますw

と言うことで、本日はちょっといいガジェット、RiiのBluetoothマイクロキーボード RT-MWK02をWindows10タブレットに繋いでみた的なお話でしたw

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!


(Visited 351 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*