ボールペンのお話~

家具の品質管理を生業としております。
毎日チェストや食器棚、テーブルにイス、デスクなど、あらゆる家具類を見て触って、不具合があったらそれを所見として記述報告する。これが私の仕事でございます。

で、所見を書くのに使っているのが「ボールペン」。いまどきボールペンで書く?はい、書きますw
デジタル時代なんだけど、家具屋さん(家具だけじゃないけど)の世界では、まだまだアナログなんですね。

ちなみに、字ヘタですが、なにか?

毎日何十件と所見を書くので、ボールペンの芯も1~2週間しか持ちません。
もちろん会社支給品もあるのですが、毎日使うものですからやっぱり自分にあったものがほしい。

ということで、私は加圧式のボールペンを使ってます。

ダウンフォース

パイロットのダウンフォース。ノック加圧式のボールペン。

1本500円以上するボールペンですが、ノックすることでインキ後部の空気が圧縮され、その圧力でペン先にインキが押し付けられて…上向きでもスラスラ書ける。っていう優れもの。
あ、普通のボールペンは大気圧に押されてるだけなので、上向きではインキが逆流して書けなくなってしまいます。
※ちなみに、ペン先が下になるように立てておいておくのが吉。逆に置いとくとインキが下がってしまい書けなくなってしまいますよ~

加圧式のボールペンは、ダウンフォースの他にも「三菱(uni)のパワータンク」、「トンボのエアプレス」などが市販されてます。
パワータンクはボールペンの芯自体が加圧されて封入されてます。なので替芯がちょっとお高めなんですね。もちろん加圧されてますから、上向きでも書き続けられます。
エアプレスはダウンフォースと同じ機械式の加圧ボールペン。ノックで圧縮するってやつですね。ラバーグリップ、太く短めで使いやすいのですが、替芯が短い!ダウンフォースの半分くらいしか無いので、インキが持たないのです。それでいて替芯の値段はダウンフォースと同じくらいなので、コストパフォーマンスがちょっとね。

書き味なんだけど、ダウンフォースとエアプレスは、良くも悪くもボールペン。今どきの柔らか系?なのはパワータンクかな。でも、ココがミソなんだけど、パワータンクは替芯自体が加圧されてるから変えようがないんだけど、ダウンフォースとエアプレスは芯の太さが合えば、違う芯でも使えるんですよ。
※エアプレスは長さ的な制約があるけど。

替芯

推奨はBKRF-6Fだけど、BVRF-8Fも使えるんだよ!

推奨品は左のBKRF。でも今どきの柔らか系インキのBVRF(アクロインキ)も芯の太さは同じだから使えるんです。柔らか系インキだから、BKRFよりスラスラ感が良い!もちろんメーカー推奨じゃないから、使うのは自己責任ですが…書き味にも拘るなら、替芯が選べるダウンフォースがオススメかな。

そうそう、話はそれるけど、消せるボールペンってあるじゃないですか、キャップとかでこすると消えるやつ。私的には使えないかなぁって思うのよ。だって黒って言ってもなんか薄いし、所見が簡単に消せたらマズイじゃん。
書き損じたら修正テープで消す。書きなおしたっていう痕跡が残るし、逆に痕跡を残さないとまずい時もあるからねぇ~
水性ボールペンもあるけど、なんか水に弱そうだしね。なので、所見を書く時はやっぱり油性ボールペンですね。

毎日酷使するものだから、自分に合った、お気に入りの一本を使いたいですね。
ということで、今日は「ボールペン」のお話でしたw

(Visited 1,141 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*