プルームテックに完全移行!予備のバッテリーがほしいよね(汗)

※タバコは二十歳から!
※プルームテックもタバコですので、未成年の方はダメですよ~!

別のブログ「一歩前進二歩後退」でも書いたんだけど…
プルームテックに完全移行して、本日で5日目でございます。

初めのうちは、やっぱり火をつけるタバコ(いわゆるふつーのタバコw)が吸いたくなって。
っていうか、慣れというのは恐ろしいもので、プルームテックを吸うのに灰皿出してみたり、換気扇回してみたり(爆)
最近はやっと慣れてきて、プルームテックだけでふつーに過ごしておりますw

でね?
プルームテックに完全移行すると、心配なのがバッテリーなんですよね。
だってさぁ、バッテリー切れるとまったく吸えなくなるじゃない。
死活問題でございます(汗)

プルームテックのカートリッジと互換性があるバッテリーセットをゲット!

プルームテックのカートリッジと互換性があるバッテリーセットをゲット!

純正のバッテリーはまだ品切れで、しばらくは注文できないので、アマゾンで互換品をポチってしまいました。
純正は1500円(だったかな?)。
こちらの互換性のあるバッテリーは3,500円。
ちょっとボラレてる感もありますが…背に腹は代えられないということで(汗)

純正のバッテリーですが、私的使い方だと約2日持ちます。
210mAhのバッテリーなんだけど、1日終わって充電すると、約110~120mAh充電されてました。
ちなみに…バッテリー切れ(赤ランプ点滅ね)の状態からフル充電までで、約250mAh充電されてました。
公称値よりちと多いですね。
USB簡易電圧電流チェッカー、こんなところでも大活躍でございますw

わかっちゃいるんだけど、やっぱりさぁ予備のバッテリーって持っておくと安心するじゃんねぇ

バッテリー本体とUSB充電器。中身はこれだけ!

バッテリー本体とUSB充電器。中身はこれだけ!

バッテリーの口って規格があるらしく、規格が同じなら使えるんですね。
袋の中身は、バッテリー本体とUSBの充電器…のみ!
説明書の類もいっさいありません。いたってシンプルでございます。

プルームテックのバッテリより1センチほど長い!

プルームテックのバッテリより1センチほど長い!

で、純正と比べると、長さが約1センチほど長いんです。
表面加工?質感も違ってるけど…まぁこれはしょうがないかな。

充電器の接続も違ってますねぇ~

充電器の接続も違ってますねぇ~

USB充電器への接続も違ってます。
まぁメーカーとかも違うし、特に問題はないですね
※充電できればいいんです!
ちなみに、互換バッテリーは280mAhだそうですので、純正よりちょっとだけ容量大きいですね。

もちろんカートリッジもふつーに使えます。

もちろんカートリッジもふつーに使えます。

1センチほど長いっていうだけで、口の部分は同じ。
もちろんカートリッジも使えるし、ふつーに吸えます。(水蒸気?出ますw)

ただし、50パフのカウントとかはできませんので、自分で数えるか、味が薄くなったなって感じたらカプセルを交換します。
で、ミストの出が悪い?少なくなったら、カートリッジごと交換ですね。

互換バッテリーは、吸うと赤く光るのね~

互換バッテリーは、吸うと赤く光るのね~

吸うと先端が光るのも純正プルームテックと同じなんだけど…互換バッテリーは赤く光ります。
純正は青く光ってクール!
やっぱり赤く光るのは…ちっとおしゃれくないなぁwww
※なんとなく安っぽい感じだねぇ~

で、吸った感じなんだけど、純正バッテリーの時よりミストが濃い感じ?
おそらく空気穴が小さいのかな?
吸うときの抵抗感が…ちっと強めに吸わないと…
でも、純正がスカスカな感じなので、ちょうどいいかもしれませんね。

1センチ長いので、プルームテックの純正キャリーケースには入りません。
※飛び出るから、ふたが締まりません。
まぁ予備ですから、シリコンキャップ(カートリッジについてるやつね)をかぶせて、カバンに忍ばせておくのがよいかとw

仕事とか外出先ではプルームテック純正で、うちに帰ったら互換バッテリーってう使い方もありかな?
とか思ったりw

1センチ長かったり質感、色とかも違うけど、やっぱり予備があると心強いですね~
また、プルームテック予約中とか、早く使ってみたい人とかは、このバッテリーを買っといて、タバコカプセルだけJTのサイトから購入すれば、プルームテックな気分が味わえます!
※次の予約とか、販売とかって、まだめどが立ってないのかなぁ。
※アナウンス無いですよね。

ということで、本日はプルームテックの予備バッテリー(互換バッテリー)をぽちったっていうお話でした!
※禁煙…見えてきましたよ~(^^)v


※2016年11月01日更新

プルームテックに完全移行してます。換気扇下の灰皿も、すでに撤去済み!
でね、ちょっと倹約って言うか、せこいけどいろいろ試してます。

【PloomTECH】何とか再生させて…節約考えてます!←せこいけどねw
※姉妹ブログ「一歩前進二歩後退」もよろしくw

※2016年11月2日更新
互換バッテリー使ってると、カートリッジが熱くなるんだけど…
純正でも若干は熱くなるんだけど、このバッテリーの方が熱い!
まぁ特に問題ないからいいけど、こんなもんなのかな(汗)
※カートリッジの水分容量が減ってるのも原因かもw

熱くはなるんだけど、もてないほど熱くはならないし、
ミストの量も多く、喉にガツンと来るから、吸った感はこっちのバッテリーの方がいいかも。

※2016年12月18日追記

仙台限定で加熱式タバコの新しいやつ「グロー」が発売されましたね。
アイコスと同じ方式みたいだけど、相変わらずの品薄状態らしく…転売目的の購入?買占めが多いんだろうなぁ。なんて思っております。

プルームテックも今は入手困難。アイコスもそうだけど、ネットで定価の何倍もの値段で売られてますね。
おそらく来年の春には主要都市展開すると思うんだけど…それまでは今の状態が続くのかも。
でもさぁ、ネットでバカ高い純正を買わなくても、互換バッテリーでお試し十分だと思うんです。
転売とかを防ぐためにも、ネットで売られてるバカ高い純正じゃなく互換バッテリー。もありだと思いますよ。

※2016年12月23日追記

昼間は純正プルームテックで、夜等仕事から帰ってきたら互換バッテリー。
互換バッテリーで、一巡(50パフ終了)したカプセルを吸ってます。
一巡くらいなら、まだまだ味もあって吸えるんですよね(笑)
薄いなって、喉にキックが来なくなったら、そのカプセルは捨て。
で、ミスト出なくなったらカートリッジも交換。
カートリッジもカプセル7~8個分のミストは出るみたいなので←吸い方にもよりますが。
この方法で、ずいぶん節約できてると思います~(^^)v
ちなみに…カプセルを(テープとかでくっつけて)2段にすると、50パフ終了後でも結構キックきますよw

※2017年2月6日追記

いよいよ今年(2017年)6月から東京で販売が開始されるようですね←プルームテック。
本来なら数か月前に販売を開始する予定だったらしいけど、販売後の品切れを避けるために販売開始を数か月後ろにずらしたらしいですね。
で、今年の年末までには東京全域に販売を拡大するらしい。
全国展開は2018年上期かららしく…入手困難な状況はまだまだ続きそうですね。
プルームテック本体もそうだけど、タバコカプセルも早く販売開始してほしいぞ!
通販だとまとめ買い&送料掛かるしさぁ…いっそのこと少し値下げもしてくれると私的には嬉しいんですけどねw

※2017年7月20日追記

互換バッテリーではなく、電子タバコもオススメ!
このスターターキット、プルームテックのタバコカプセルが使えるんです。
なので、昼間はプルームテック、夜とか休日は電子タバコ!
私も使っていますが、めっちゃ良いですし、すごい節約になりますよ!

PloomTECHと電子タバコ(VAPE)両方楽しめる!オリジナルスターターキット
PloomTECHと電子タバコ(VAPE)両方楽しめる!オリジナルスターターキット

 

※タバコは二十歳から!
※プルームテックもタバコですので、未成年の方はダメですよ~!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

※プルームテックでも使える互換バッテリーで、一足先にプルームテック!w

※50パフお知らせ機能の付いた互換バッテリー
※プルームテック、完全互換ですね(@_@;)

(Visited 9,566 times, 30 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*