使い捨てじゃないカイロって、エコでいいよねw Zippo(ジッポー) HANDY WARMER(ハンディウォーマー) ZHW-15

毎日寒いっすねぇ。
でも、これからが冬本番!暖かくして風邪、体調を崩さないようにしたいですね。

でね?←話が本題に入ってきますw
カイロってあるじゃないですか。
10センチ角ぐらいで、袋から出すと暖かくなるやーつ。
ポケットに入れたりとか、腰に貼ったりして…結構暖かいですよね。

確かに暖かくて良いんだけど…
使い捨てカイロの中身ってさぁ、鉄粉、水、活性炭、塩類、木粉、吸水性樹脂、バーミキュライト、ビニール、紙…などなど。
使い終わるとリサイクルもできなくて、丸ごとゴミになるんですよね。
でさぁ、全国的に考えたら、すごい量のゴミ!になるわけで。
なるべくゴミ減らしたいじゃん?

そこで、昔っからある「ハクキンカイロ」(ハクキン懐炉)なのです!
※小さいことからコツコツと…的な?w

ハクキンカイロ…ジッポーのハンディーウォーマーをゲッツw

ハクキンカイロ…ジッポーのハンディーウォーマー ZHW-15 オイルセットをゲッツw

オイルライターで有名なZippo(ジッポー)。
そのオイルを燃料にするカイロ(オイル充填式カイロ)。
「Zippo HANDY WARMER(ハンディーウォーマー) ZHW-15 オイルセット」でございます。
※アマゾンさん、相変わらず箱がでかい!

ハクキンカイロって、かなり昔からありますよえぇ~
懐かしいていう方も多いかも。
私も中学の頃かなぁ、学校に持っていったり、釣りとかのお供だったり。

でも、使い捨てカイロが発売されてからは…使わなくなったなぁ。
やっぱりさぁ、燃料(懐炉用のベンジン)入れて、火口をライターとかマッチで炙って…
っていう手順っていうか手間?がかかるからねぇ。
袋から取り出すだけっていう手軽さから、使い捨て。だよねぇ(汗)

でも!
最近はハクキンカイロ、見直されてきてるんですよね。
繰り返し使えるからゴミも減るし、使い捨てカロより温かい(暖かさが安定している)。
それにさぁ、なんとなく大人な感じ?おしゃれじゃん!←ん?(笑)
※ダンディーな おじさまがさぁ、使い捨てカイロじゃねぇw

という事で、まずは箱の外観からw

箱の正面。

箱の正面。

箱の背面。中身の紹介っすね。

箱の背面。中身の紹介っすね。

底には注意書きがあります。

底には注意書きがあります。

「飛行機内への持込及び預かり手荷物制限品となっております。」だそうなので、飛行機を利用する人は、ご注意くださいねw

で、箱の横とか上にはZippoとか、商品名が印刷されてるだけなので省略w

さっそく開封!こんにちわw

さっそく開封!こんにちわw

さっそく開封!こんにちわw
「注油カップ」がお出迎えwww

箱から全部出してみた。の図w

箱から全部出してみた。の図w

今回ポチったのは、Zippoオイル付きの「oil set」。
これにあとライターとかマッチ?火があればすぐ使えるセットです。

左から、注油カップ、ウォーマー本体、専用袋、ジッポーオイル(133mlの小さい缶)と日本語説明書兼保証書です。
いやぁ~この本体の形、みょーに懐かしいなぁ←レトロ?昭和な感じですねw

ではさっそく使ってみましょう。

使い方は、説明書に詳しく載ってます。

使い方は、説明書に詳しく載ってます。

説明書に従って行えば、誰でも簡単にできるんですねw

本体の蓋を(引っこ抜く感じに)外して…

本体の蓋を(引っこ抜く感じに)外して…

これが発熱の要「火口」(バーナー)でございます。

これが発熱の要「火口」(バーナー)でございます。

バーナーの中にプラチナ(微粒子)の触媒が入っていて、ジッポーオイル、ベンジンなど気化した燃料が触媒を使って酸素と結びつく、いわゆる「触媒燃焼」による熱を利用したカイロでござます。

ちなみに、バーナーは消耗品です。
1年?ワンシーズンごとに交換するのが良いって言われてますね。

バーナーを取ると、本体内には綿が詰まってます。

バーナーを取ると、本体内には綿が詰まってます。

バーナーも引っこ抜く感じで簡単に外れます。
で、外すと本体の中は綿が詰まってます。
ジッポーのオイルライターと同じ感じですねぇ。
ここに燃料を染み込ませて貯蔵、気化した燃料はバーナーで「触媒燃焼」。
じんわり燃える(ゆっくり化学反応)w

注油カップでオイル量を測って入れます。

注油カップでオイル量を測って入れます。

下の赤い線まで入れると約6時間。上の線まで入れると、約12時間暖かい!
で、2杯まで入れられるので、合計約24時間暖かい!
っていうか、最長24時間ってすごくない?
しかも使い捨てカイロの約13倍もの熱量らしく…さすがハクキンカイロ!

細かい数値は書いてなんだけど、下の線で約6ミリリットル、上の線が約12ミリリットル位らしい。
オイルセットのオイル缶が133ミリリットル入りなので、1日6時間使うとして約22回分かな?
毎日使って約1月分っすねw
※使用状況により、燃焼時間は若干変わるらしいです。

バーナーをもとに戻して、ひだ数秒炙ります。

バーナーをもとに戻して、ひだ数秒炙ります。

バーナーをもとに戻して、触媒部分を数秒(3~5秒位)炙ります。(写真はイメージですw)
実際に触媒に火をつける訳ではなく、軽くあぶる感じです。
※火を近づけすぎて、触媒にススがつかなように注意ねw

実際に触媒燃焼が始まったかは、蓋を近づければわかります。

実際に触媒燃焼が始まったかは、蓋を近づければわかります。

触媒燃焼が始まったかどうか(簡単に言うと、火が付いたかどうか)は、本体の蓋を触媒に近づければわかります。

この曇が着火OKの合図ですw

この曇が着火OKの合図ですw

触媒燃焼が始まると水蒸気が出ますので、蓋に水蒸気による曇ができればOK!
無事着火!となります。

着火後は付属の袋に入れて懐にw

着火後は付属の袋に入れて懐にw

着火が確認できたら、付属の袋に入れてOK!
あとはポケットに入れたり、腰にあてがったり、懐に入れたり…ご自由にw

袋はフリース生地かな?入り口の内側はマジックテープになっています。
手触り、肌触り良く、じんわり暖かいです。
袋に入れないと…持てないくらい熱くなる(持てるけどかなり熱いw)ので、必ず付属の袋に入れて使用します。
ちなみに、どの方向で持っても燃料が漏れることはありませんので、ご心配なくw

ということで、6時間分のジッポーオイルを入れて使ってるんだけど、6時間近くたってもまだまだ暖かいです!

ホント使い捨てカイロにはない暖かさ。
厚みが1センチほどあり、カイロ全体裏も表も暖かいので、使い捨てより全然良いです。

サイズ的には、袋に入れた状態で8 x 11 x 1.5センチ位い。
重さは袋込で約74グラムなので、ポケットに入れててもかさばり感はないです。
角がつるんと丸いし、適度に厚みもあるので、特に指先を温めたいとき両手の平で包むように持ってもいいですね。


懐かしくもあり、でも最近は見直されつつある「ハクキンカイロ」。
オイルを入れたり着火したりと、使い捨てよりは手間がかかるけど…
手間も味のうちw
使ってると愛着も出てくるし、使い捨てより 「ぬくい」し、大人な感じでおしゃれ←ん?ん?w

でね?
ジッポーのハンディーウォーマーを購入した理由が、実はもう一つあるんです。

未開封のジッポーオイル355ml缶。これも活用したいのですw

未開封のジッポーオイル355ml缶。これも活用したいのですw

ご存知ジッポーのオイルライター
後ろのでっかい缶は、355ミリリットルのオイル。未開封でございます。

タバコさぁ、プルームテックに変えたじゃない。
今現在は、完全にプルームテックなんすよ。
なので、ライターは使わなくなりました。
まぁライターは良いとして、買い置きしてあった(未開封の)ジッポーの355ミリリットル缶がね(汗)
これを無駄なく使う手段!←ジッポーのオイルが使えるカイロがベストじゃね?w

ハクキンカイロなら、愛されて90年!「おっちゃんマークのハクキン懐炉」でも良かったんだけど、
使えるとは思うけど、ジッポーにはジッポー製かなぁ…なんてねw

という事で本日は、繰り返し使えてエコなカイロ、ジッポー ハンディウォーマー オイルセット ZHW-15を買って使ってみた!
これはい!今年の冬おすすめの「大人のアイテム」です!っていうお話でしたw
※明日から、朝出社前にカイロを準備するっていう「儀式」が加わりますね(^_^)v


※2017年2月1日追記
昨日から実戦投入しています。
朝通勤前に12時間分(注油カップの上の先まで)の燃料を投入、12時間~15時間ほどホカホカ!
ポケットに入れるとか、使用状況により燃焼時間が変わるようです。
でも、ホント暖かいですねぇ~これはいい!
燃料入れたり、点火したり…若干手間はかかりますが、使い捨てカイロより全然暖かい。
手間分以上のパフォーマンスですね!Goodです!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!


(Visited 206 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*