ジメジメ・カビ…梅雨に備えて、ミニ除湿機(Dpower XROW-600B)を買ってみたw

沖縄地方が梅雨入りしたみたいですね。
昨日から全国的にお天気悪いですねぇ~一部の地域で大雨だったとか。大丈夫でしたか?

という事で、そろそろですねぇ~梅雨 orz

私ごとで申し訳ありません。
ワタクシ自慢じゃありませんが、湿気に極端に弱いんですよ。
ほんと、これからの数ヶ月、耐え難き季節(時期っすねw)なのでございます。

って言うか、ジメジメってみんな好きじゃないですよね。
良いことといえば、あじさいがキレイ!って言う事くらいでしょうか。

もちろん、お部屋のジメジメ…カビとかの原因にもなるし、「なんとかせねば案件」なのでございます。

前から気になっていた「ミニ除湿機」をゲット!

前から気になっていた「ミニ除湿機」をゲット!

以前からずっと気にはなってたんだけど、3千円超えじゃなぁ~
なんて思ってたんですよ。
それがね、先日アマゾンのタイムセールで3千円切~りの、キャンペーンで150円OFF~の…

思わずポチってしまいました(^_^)v

アマゾン プライム会員の特典はこちら!

除湿機といえば…

以前コロナの除湿機を買ったのですが…もちろん今でも大活躍しております。
雨の日の洗濯物室内乾燥とか、意外と使えるんですよね。
※で、びっくりするくらい水が溜まりますw

大変重宝して入るんだけど、やっぱりさぁ…大きいしコンプレッサー方式なので動作音も大きめ(耐えられないほどではないけど)。
消費電力も約200ワットと、24時間つけっぱなしにするにはちょっと…電気代がね(汗)

Dpowerのミニ除湿機。ほんと小さい!

Dpowerのミニ除湿機。ほんと小さい!

Dpower のミニ除湿機 Model : XROW-600B
机に乗っかるくらいコンパクト!なミニサイズの除湿機でございます。

行為居場所に向いてます的な説明w

行為居場所に向いてます的な説明w

箱の横はこんな感じ。
こんな場所に向いてるよ~みたいな感じでしょうか。

内容物と使用が書かれてます。

内容物と使用が書かれてます。

中身はミニ除湿機1台と、説明書。
消費電力は DC9V 2.5Aで、最大500ミリリットル溜めれるよ~だそうですw

開封!コロナの除湿機と比べるとこんな感じw

開封!コロナの除湿機と比べるとこんな感じw

早速開封!こんにちわ~
中身は、本体とACアダプタ、説明書でございます。

って言うか…小さっ!
右に写っているのはコロナの除湿機なんだけど、ほぼ水タンクと同じくらいの大きさです。

説明書。日本語の記載もあります。

説明書。日本語の記載もあります。

説明書は各国語兼用。
英語、わからん語と日本語でございます。

水タンクも手のひらサイズw

水タンクも手のひらサイズw

水タンクも手のひらサイズ。
最大500ミリリットルでございます。

本体にタンク無しと満水センサーが付いていて、タンクがセットされてないと電源は入らず、満水になると電源はOFFになるようです。

熱変換器、フィンが見えます。

熱変換器、フィンが見えます。

タンクを外すと、熱交換器(フィン)が見えます。
除湿はペルチェ素子を使う電気的な方式です。

ペルチェ素子(ペルティエ素子)…簡単に説明すると
「直流電流を流すと、片面が熱く・反対面が冷たくなるペルティエ(ペルチェ)効果」を利用した板状の半導体素子。

冷たい面に取り付けたフィン(熱交換器)に空気を通し、空気中の水分のを結露させ除湿する。タイプの除湿機です。

コンプレッサー式などの除湿機に比べて除湿能力は高くありませんが、省電力、静音、小型って言う特徴があります。

このミニ除湿機、室温30度・湿度80%の時、24時間で最大250ミリリットルの除湿能力があるそうです。
まぁ能力的には他の方式に比べて低いとは思うけど、消費電力が低いから24時間つけっぱなしにできるし、コンパクトで軽量なので狭い場所でもポンって置いとける…これはこれで良いかもw

プッシュボタンでON/OFF!

プッシュボタンでON/OFF!

ボタンは1つ。
プッシュでONでONランプが点灯。再プッシュでOFFになります。
水タンクがフルになると、FULLランプが点灯して運転が停止します。
タンクから水があふれるってことは無いみたいですねw

正面のアミアミのとこらから空気を吸ってフィンを通った乾燥した空気が上から出る…的な?w

タンクの上面はこんな感じ。

タンクの上面はこんな感じ。

左奥は排水口の栓。
中央奥に満水感知用のフロート。手前は水受けですね。
ジョウロのようになっていて、水は中央の穴からタンクに落ちます。

コロナの除湿機と比較するとこんな感じ。

コロナの除湿機と比較するとこんな感じ。

小さいねぇ~
コロナの除湿機が、めっちゃ大きく見えます。

早速使ってみます。

早速使ってみます。

私の作業部屋は約4.3畳(公称)。
ミニ除湿機としてはキャパオーバーだとは思うけど…とりあえず運転してみます。
消費電力は起動時23w、運転中は約21w程度。
これなら24時間つけっぱなしでも、電気は大して食わないみたい。

電源ON中は、ファンがずっと回ります。
そうたいして大きな騒音ではないんだけど、気にならない程度のファンの回転音がします。
※コンプレッサー式のコロナの除湿機よりは静かです。

24時間運転で、これだけ溜まりました。

24時間運転で、これだけ溜まりました。

室温24度、湿度60%(外は雨が降ってます)で、24時間運転してみました。
湿度的にはさほど変わらなかったのですが、タンクにしっかり水が溜まってます。

100ml溜まってる!

100ml溜まってる!

計量カップで量ると、だいたい100ミリリットル!
結構溜まりましたね~。
量販店で売っている除湿剤(塩化カリウムの錠剤が入ってるやーつ)よりは、効率的に除湿できるようです。
※ファンで強制的に空気の流れを作っているからでしょうね。

ですが…やっぱり大きさ?ペルチェ?かなぁ?
6畳とかリビング?広い部屋では能力が足りない感じです。

3畳?押入れ?クローゼット?脱衣所?トイレ?くらいの広さが適当ではないかと(汗)
または、メインの除湿機としてじゃなく、湿気が溜まりやすそうなところに(サブとして)設置とかw

フィンには水滴がついてました。

フィンには水滴がついてました。

下から覗くと…フィンに結露?水滴がびっしりついてます。
結構冷えるんでしょうねぇ。

そうそう、アマゾンで見ると、同じ形の除湿機が同じような値段(だいたい3千5百円前後?)で販売されてます。
スイッチの部分がちょっと違ってるなど細かい違いから、おそらく同じ?的な物まで揃ってます。
おそらく性能的にも同じ程度だと思うけど…
いざ買おうと思っても、一体どれを買って良いものやら…迷っちゃいますよね。

その中で、なぜこのDpowerの物を選んだか?
答えは単純明快!「タイムセール」に出てて、3千円を切ってたからw
※ユーザー評価もあるけど、あんまりいい評価ばっかりだと信用出来ないしね(汗)

3千円って、ミニ除湿機を選ぶにあたり、値段の上限に設定してたんですね←私個人的にね。
なので、タイムセールで3千円を切る価格で買いました。
※たまたまキャンペーンもやってて、タイムセール価格より150円引きでした←ラッキー(^_^)v

私の作業部屋で、24時間あたり100ミリリットルなら、ほぼ使用通りの性能が出てるのかな?
って思います。
能力的にはカバーしきれないかもしれないけど、しばらく部屋で使いたいと思ってます。

という事で本日は、ミニ除湿機を買って24時間使ってみての乾燥…感想でした!


※2017年6月4日追記

部屋の中でも机の下?空気が流れないような場所って、湿気も溜まりますよね。
なので、机の下で運転させてます。
最近は乾燥してるから さほど水は溜まりませんが、置くだけの乾燥剤よりは湿気を取ってるみたいです。
梅雨入り間近!活躍を期待している今日このごろw

※2017年6月21日追記

梅雨本番!今日は朝から雨が降っております。
で、ミニ除湿機…小型ながら、なかなかいい仕事してくれてます。

消費電力が少ないから、毎日電源ONのままの運転。
最近は3日位で、タンクに半分以上水が溜まります。
コンプレッサータイプに比べて除湿能力は低いけど、じみーーーに除湿してくれて、助かりますw

※2017/09/17追記

今年は雨の日が多くて…だいたい3日でタンクが満タンになります。←部屋、どんだけ湿気っぽいんだか(笑)
ホームセンターで売っている湿気取りも並行して置いているのですが、やっぱりファンで強制的に空気の流れを作るので、ただ置いているだけの湿気取りよりは、格段に湿気を取り除いてくれますね!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

マクロス コンパクト除湿機 ブラック&ホワイト MEH-17
※税込み7,470円、送料無料!写真をクリックで詳細を表示します。

(Visited 221 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*