RiiのBluetooth ミニ キーボードRT-MWK02ゲット!w

実はここだけの話なんですけど、わたくし無類のキーボード好きなんです。
※って、全然ここだけの話になってないっすねw

スマホ(SH-02E)用にちっこいキーボード欲しいなって思ってたんですよ。

スマホで長文を打つことはあんまりないんだけど、あのソフトキーボードが苦手で(汗)。
テンキー表示で指をスリスリ動かす入力方法は、なんか慣れないし…なのでいつもフルキー表示(?)で指タッチ入力なんだけど、打ち間違い(タッチ間違い)が多い!やっぱり物理的なキーボードが欲しいじゃないですか!

いままで、パソコン用のブルーツゥースキーボードとか、エレコムの折りたたみ式のキーボード(ブルーツゥースのやつね)を使ってたんだけど、やっぱり大きい!ちっこいのが欲しい!

Rii RT-MWK02

Riitekのミニキーボード RT-MWK02でございますw

はい!アマゾンでポチってしまいましたw
RiiのミニブルーツゥースキーボードRT-MWK02でございます。
※左に挿さってるのは充電用のミニUSBケーブル。充電ランプが赤く光ってます。

8ミリ角のちっこいキーがスクエアに並んでます。右横のはタッチパッド。そう!幅15センチちょっと、奥行き6センチ弱、厚さ1.5センチ弱の小さい筐体にフルキー+タッチパッドが搭載されてるんです!

これってすごくね?w

RT-MWK02一式

しょぼい箱のなかに本体と充電用のケーブルが入ってます。

なんか箱がしょぼい(汗)。中身はキーボード本体と充電用のUSBケーブル、説明書(英語版)でございます。

Rii RT-MWK02 レーザーポインター

右側にレーザーポインターがついてる!

このキーボード、レーザーポインターまで内蔵してるんですね。っていうか、おそらくパソコンでのプレゼン用?にも使えるっていうか、プレゼン用のキーボードなのかも。
数メートル先に5ミリほどの赤い点。かなり明るいです(直視注意ね)。結構使えるかも~※プレゼンしないけどw

RT-MWK02 Bluetoothドングル

Buletoothのドングルまで内蔵されてる!

なんと!ブルーツゥースのUSBドングルまで内蔵なんですよ!なので、ブルーツゥースを実装していなくてもUSBがあれば接続できるんです。3千円もしないキーボードなのに、てんこ盛りっすね。

で、ここまで書いて気づいた読者も多いかも。実はこのキーボードJP配列なんです。
アマゾンの写真とか付属の説明書見てもUS配列なんだけど、実際に送られてきたものはJP配列。
あんれ?おかしくない?誤配送か!とも思ったんだけど、アマゾンのレビュー見てもJP配列のキーボードが送られてる例もあるんですね。
なんでかな?発送元がUSもJPも一色単にしてる?どちらが送られてくるのか分からないのか?

さっきも書いたけど、スマホ用のちっこいキーボードが欲しかったんです。スマホってご存知のように物理キーボードはUS配列で認識するじゃないですか。

※おっと、US配列のキーボードは「2」のい上に「@」。「”」だとJP配列なんですね。で、JP配列キーボードには「Full/Half」のキーもある。日本語入力切り替えキーっすね。

そう、送られてきたキーボードはJP配列。このままではスマホと接続できても、キーの刻印と違う文字が出てくるんです。※さっきの「@」とかね。

使えねーじゃん(汗)。

いえいえいえいえ、ご安心を!結論から言えば使えます。
「日本語106/109キーボードレイアウト」または、エレコムが出している「ELECOM Keyboard layout」っていうアプリをダウンロードして設定すればOK!日本語配列のキーボードで刻印通りに文字が入力できるんですね。

ちなみに私はエレコムの折りたたみ式ブルーツゥースキーボードTK-FBP017を使ってて、エレコムのアプリが入ってるんだけど、RiiのRT-MWK02でも設定すればそのまま使えました。

キーボードの大きさ比較

エレコムの折りたたみキーボードの半分以下の大きさ!これなら持ち歩きできますね。

大きさはこんな感じ。下のキーボードが展開したエレコムの折り畳み。こんなにちっこいんですね。
で、使った感じだけど、小さい筐体にかかわらず剛性はありますね。キーはちょっと固めのクリッキーな感じ。コツコツっていう感じでふにゃふにゃ感もなく、しっかりとした打鍵感があります。

パッドに指を添えるとスマホの画面上にマウスカーソルが現れて…約3センチ四方のちっこいパッドなんだけど、使い勝手はいい。ダブルタップすれば選択されたアプリが起動します。おぉ~スマホに触らなくても色々使えんじゃん!今までのスマホの使用感にない新鮮な感じっすねw

※キーボードの接続方法とかのい説明は割愛させていただきました~ぐぐってねw

そうそう、このキーボード、バックライトを点けることが出来るんですよ!なので、暗い場所でも使える!それに、タッチパッドの上下左右を90度回転させることもできるし…さすがプレゼン用のツールっすね。

もちろんパソコンのフルキーボードみたいにブラインドタッチとかはできないんだけど、画面表示されてるソフトキーボードよりは遥かに入力しやすい!小さい分、長文入力には向かないと思うけど、ちょっと長めのメールとか打つには、ソフトキーボードより遥かに良いです。

ちょっとキーボードをって思ってる人にはオススメかも!
※シャープのアクオスフォン SH-02E+ATOKで不満なく使えてます!

※2015年04月30日追記
ウチで動作確認した機材…
・アクオスフォン SH-02E Android 4.1.2
・Windows7搭載のノートパソコン acer ASPIRE 5750
・7インチ アンドロイドタブレット Si01BE Android 4.2.2
・8インチ アンドロイドタブレット LG-V480 Android 4.4.2 (JCOMタブレット)
・10.1インチ アンドロイドタブレット ASUS pad TF103C
※LG-V480とTF103Cはキーボードレイアウトの変更ができないので、USキーボードとして使用可能でした。

あと書き忘れていた機能として…
プレゼン用のレーザーポインターとして使用時、タッチパッドを90度回転させる機能があります。
通常は横置きの状態で使用し、プレゼンの時は縦置き(持ったまま)で使える。
ちょっとした機能なんだけど、手に持ってレーザーポインターを使用しているときなんかに、(バックライト機能と併せて)かなり嬉しい機能ですね。

(Visited 3,067 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*