【節電エコ】初期投資で節電しよう!

前回はお金をかけずにできる節電対策を紹介しました。
一手間かけることで節電!電気代を節約しましょう!っていうことなんだけど、さすがに限界はありますね。
そこで今回は、初期投資が必要だけど節電効果が高く、長い目で見れば初期通しが回収できる方法をご紹介しましょう!
※もちろんウチでも実践してますよw

コンセントはスイッチ付きに交換する!
待機電力節約のため、前回はコンセントを抜くことをおすすめしました。コンセントの抜き差しって、結構気を使うんですよね。
そこでオススメはスイッチ付きコンセント。必要なときにスイッチを入れて、使い終わったら切る。コンセントを抜く手間より楽ですよね。

そうそう、コンセントは1500wまでのように最大容量があります。最大容量いっぱいまで使うことはまれですが、例えば電気ファンヒーターとこたつとか、一度に使うのは危険です。
最近の大型掃除機も1200wとか大容量のものがあります。1200wなら使えるだろうって思いますが、モーターって回転を始めるときにすごく電気を食うんです。モーターを使う機器は特に注意してくださいね。

白熱電球をLED電球に交換する!
これは結構効果ありますよ!60wの電球ってほぼ60wの電力を消費します。でもLED電球に変えたら、ほぼ1/6の消費電力で済むんです。
ただ、白熱電球って安い物だと100円ショップでも売られてますよね。対してLED電球って、安くなったとはいえまだまだお高い。でも、消費電力、寿命などを考慮すれば、けして高いものじゃないから、LED電球はおすすめします。
特に点けっぱなしにする場所。点けている時間が長い場所はLED電球に変えるべきです。
白熱電球が使われている場所って、意外と多いんですよね。いっぺんに全部交換!が一番いいけど難しいなら、上に書いたような場所から交換されてはいかがでしょう。

そうそう、蛍光灯型LEDのありますが、取り替えるならちゃんとした業者に頼んだほうがいいです。管だけ交換できるタイプも有りますが、タイプを間違えると機器の故障とかにつながるし、危険なこともありますので!

古い電化製品は買い換える!
例えばエアコン、冷蔵庫。最近の白物家電は省エネを謳ってますので、かなりの節約になります。ただし、使えるものを買い換えるって勇気もいるし、初期投資も結構かかります。なので、15年から20年を目安に、古い家電は順次買い換えていく。

自家発電!自宅で電気を作って、自宅で消費する!
究極?ここまでやらんでも(汗)。って思うけど、やっぱり究極の節電は「自家発電」。最近は太陽光パネルも安くなってきてます。ならば自分でご自宅太陽光発電しちゃえ!ってね(笑)

出力の大きいパネルで発電して、余った電気は電力会社に売る。いわゆる売電も最近は増えてますが、初期投資が大きすぎるし、戸建てじゃないと難しいですよね。でも、家中の電力を賄うんじゃなく、例えばテレビや扇風機など、合計数百ワット程度の電力を賄うだけなら、マンションのベランダでだって出来るんです。

実は私も考えてまして…100wクラスのパネル、100A程度のバッテリーで発電・蓄電すれば、私の部屋の電力、1日分は賄えちゃうんですよね~
※LED電球+ノートパソコン+液晶モニター+HDD+スマホの充電など、合計200wいかないんです。
ただ、問題は…ベランダから私の部屋まで遠いこと。電力ロスはできるだけ少なくしたい。でも毎回充電されたバッテリーとコンバーターのセットを部屋に運んで、朝またベランダまで運んで太陽光パネルに接続する。なんて、かなりの手間!

ベランダ発電、ベランダに面した部屋で電気を消費。これが出来るなら、究極のの節電!ただし初期投資はかかります。でも、200ワット程度を賄うのなら、機材はおそらく数万円。長い目で見れば費用は回収できます。最初は趣味・実験から始めるのも面白いかも。
※私はやりたいって思ってます!

まぁ、そんなこんなで節電方法とかつらつら書いてみました。
できることから始めましょう!小さい積み重ねが大切です。みんながやれば(実践すれば)、大きな節電につながります。

ということで、本日ここまで!

(Visited 36 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*