ほったらかしで簡単にご飯が炊ける!ド定番クッカー「トランギアのメスティン(TR-210)」をゲット!

秋ですねぇ~やっと爽やかな季節の到来!
もちろん、アウトドアの季節でもあります。

ん?アウトドアって言えば…夏じゃね?

いえいえいえいえw
たしかにバーベキューとかキャンプ?
夏がシーズンだって思っている人も多いと思うけど、やっぱりさぁ蒸し暑いじゃん。

ワタシ的には、暑くもなく寒くもなく、虫もそんなに出てこない「秋」(春もw)が一番いい季節だと思うんですよ。
※湿気と虫にチョー弱い←ワタシですw

本日もアマゾンからお荷物が…着w

本日もアマゾンからお荷物が…着w

DHCの野菜サプリは置いといて…
※いつものリピートでございますw

トランギアのメスティン(TR-210)と、エスビットのポケットストーブ ミリタリー
アウトドアをされてる方は、みんな持ってますよね…的なグッズ。
以前から気になってたんですが、どうしようかなって迷ってて。

ついにゲット!でございますw
※今回は「メスティン」メインでお送りしますw

ちなみに…メスティンは、部類的には鍋やフライパンと同様「クッカー」に属する物ですねw

ご存知かとは思いますが、メスティンもポケットストーブも、ちょー定番な商品ですよね。

簡単に言えば、この2つがあれば、どこでも簡単にご飯が炊ける…的な?
でも、ご飯炊くなら、飯ごう炊飯があるだろう!って思う方もいらっしゃると思います。
確かにそうなんですが、メスティンの凄いところは、ご飯だけじゃなく何でもできる!←らしいw

ポケットストーブも、簡単に言えば「火」。
100均とかで売ってるアルコール燃料(固形燃料)を使うゴトクというか…

左がメスティン、右がエスビットのポケットストーブ ミリタリーでございます。

左がメスティン、右がエスビットのポケットストーブ ミリタリーでございます。

メスティンとポケットストーブ、固形燃料・お米・水があれば、放ったらかしでご飯が炊ける!

これらを使った炊飯は次回に譲るとして、今回はこの2つの内の一つ。
ちょー優れものクッカー「トランギアのメスティン(TR-210)」の紹介でございますw

ちなみにメスティンは、普通サイズと大型(ラージ)サイズがあって、今回購入した物は普通サイズ。
最大お米1.5合炊けるようです。

トランギアのメスティン(TR-210)。アルミ製の憎いやつw

トランギアのメスティン(TR-210)。アルミ製の憎いやつw

メスティン(TR-210)は、ラップ?に包まれた状態で送られてきました。
Made in Swedenでございます。で、日本語の説明書が一緒にラッピングされています。

フタに付いてるtrangiaの刻印がかっこいいw

フタに付いてるtrangiaの刻印がかっこいいw

本体はアルミ製。
フタにtrangiaの刻印が入ってます。

大きさは…約17 x 9.5 x 6.2センチ。
オール無垢のアルミ素材の厚みは0.8ミリでございます。

中に紙に包まれた取っ手?持ち手?が入ってます。

本体の中に紙に包まれた取っ手?持ち手?が入ってます。

蓋を開けた中に、紙に包まれた取っ手が入っています。
本体に取り付けて使います。

でね?
これまた有名な話なんですが、トランギアのメスティンは使う前に「儀式」が必要なんです。

儀式その一。バリ取り(汗)

儀式其の一。バリ取り(汗)

作りが若干荒っぽくて、縁にバリが残っているものが多いんですよ。
なので、儀式其の一は…「バリ取り」。

800番から1000番位の紙やすりなどで、本体・フタの縁のバリを取って滑らかにします。
※写真の紙やすりは、800番の耐水ペーパーでございます。

縁のバリを丹念にヤスって滑らかにしましょう!

縁のバリを丹念にヤスって滑らかにしましょう!

アルミ素材は柔らかいので、ささっとヤスればキレイに取れます。
アルミの粉とかが出ますので、新聞紙とかを敷いて作業してくださいね。
あと…手のひらとか指の平?結構黒く汚れます(汗)

直接口をつけたり、持ったり擦れたりする部分です。
怪我しないように、丹念に仕上げます。

儀式其ノ貮、皮膜作り!

儀式其ノ貮、皮膜作り!

続いて、儀式其ノ貮は「皮膜作り」(コーティング)。
アルミ無垢素材って、ミネラル?とかに弱く、使ってると黒ずんできます。
もちろん害はないんだけど、見た目がねぇ(汗)

お米のとぎ汁を10分ほど煮て、本体内部の表面に皮膜を作ってあげます。
※お米を研ぐ時に合わせて、メスティンのコーティングw

お米のとぎ汁でコーティング中w

お米のとぎ汁でコーティング中w

10分ぐらいお米の研ぎ汁を煮ます。
フタをすると結構煮吹きますので、火加減は注意してくださいね。
※もちろん蓋を閉めて…蓋の裏側もコーティングw

食材によっては黒ずみを完全に防ぐことは出来ないみたいなんだけど…皮膜処理していないよりはマシみたいですよw
※表面が黒くなっても、薄めたレモン汁などを煮れば取れるようです。

きれいに洗って、儀式終了!
アルミの無垢素材なので簡単に傷が付くのですが、アウトドアグッズって使ってなんぼですから…
少々のキズとか凹み?は気にしないw


トランギアのメスティン(TR210)。
ご飯が炊けるだけじゃなく、簡単な料理もできちゃう優れ物。
YouTubeとかでも、たくさん動画が上がってます。

ほんと「ド定番」商品。
遅まきながら、私もゲット!でございますw

という事で本日は、トランギアのメスティン(TR-210)とエスビットのポケットストーブをゲット!
メスティンの技師の紹介でございました。
次回はエスビットのポケットストーブをご紹介しますので…よろしくです!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 90 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*