SoundBar(サウンドバー) lp-08を分解してみた!4センチドライバ+パッシブ付いてましたw

先日導入した約3,000円のBluetoothスピーカー「SoundBar lp-08」
低音は響かないけど、そこそこいい音が出ます。

でね?
前面のネット越しにパッシブとか見えるんですが、詳細が見たくて。
分解してみまして(^_^)v

まずは前に付いてる金属製のネットを外しますw

まずは前に付いてる金属製のネットを外しますw

前面についている金属製のネット(サランネット)は、左右の樹脂製の部品で止められています。
背面のネジ3本取れば押さえの部品が外れ、ネットは左右の爪を曲げて止まってますのでツメをちょっと広げれば…簡単に外れます。

左右に4センチ5wのドライバー(スピーカー)、内側にそれぞれ同径の丸型パッシブラジエーターが付いてますね。
4センチスピーカー!思ったより小さく見えます。
同径のパッシブで低音を増強してるみたいだけど…4センチ、小さいですねぇ。

で、右端に中の基盤が見えていて、その内側にマイクとリモコンの受信部が見えます。

ちょっとアップで見てみましょう。

スピーカーとパッシブをアップでw

スピーカーとパッシブをアップでw

パッシブの取り付けが、あんまりキレイじゃないですね(汗)
一応気密性を高めてるんだろうけど、糊?ボンド?がパッシブにガッツリ付いてます。

右端の青色LEDは、ペアリングインジケーター、音が出てる時に点滅したり。
右面の小さな穴から見えるので、眩しくはありません。
っていうか、正面からは見えませんw

基盤の一部が見えていて、右横にマイクの穴、その横はリモコンの受光部だと思われます。

前面パネルも外してみました。

前面パネルも外してみました。

正面パネルはネジ止めのみなので、ついでに外してみました。
※写真は向かって右側を中心に撮影してます。

中央に充電池、その後ろは…重り?がついてますね(汗)
※ちょっとサビが浮いてますwww

スピーカーとパッシブは、独立した小部屋で密閉されているようです。
スピーカーに対して小部屋の容積が大きいかも←専門家じゃないので詳しくは分からないけどw
内側に吸音スポンジとか貼れば容積が少なくなるから、パッシブもその分動くかも。
※試しに貼ってみたら、若干低音が落ち着いた感じがしました。

メイン基板はこんな感じw

メイン基板はこんな感じw

手前に2つペアで並んでいるのが、左右独立のアンプ回路かな?
その手前にマイクとリモコン受光素子が付いてます。
右のジグザグがBluetoothのアンテナ、その左にコントローラーICが乗ってますね。
向かって後ろ側に、ボタン、3.5ミリオーディオジャックとかが並んでいます。
まぁ至ってシンプルですね。

一通り見終わって満足(?)したら、元に戻します。
そうそう、スピーカー+パッシブの小部屋の内側に少し、電池・重りの隙間はぎゅうぎゅうに遮音(吸音)スポンジを貼ってから元に戻しました。

上にもちょっと書いたけど、なんとなく音のバランスが良くなったような…気がしますw

はい!
もちろん元に戻って、ペアリングとかも正常!音もちゃんと出ましたよ(^_^)v

という事で本日は、激安サウンドバー(Soundbar)lp-08を分解してスピーカーとかパッシブの構成などをチェック!スポンジとか詰めたり…色々遊べるかも!っていうお話でしたw
※※製品の分解などは、自己責任でお願いしますねw

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 31 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*