撮った後でピント位置や絞りを変更できる!ワイドアパーチャ機能を試してみる!

先日(格安で)入手したHUAWEI(ファーウェイ)のSIMフリースマホ「nova lite 2」。
約1,300万画素と約200万画素のデュアルカメラが搭載されていて、背景をボカシた写真が撮れるだけでなく、撮った後からピント位置や絞りを変更できる「ワイドアパーチャ機能」を搭載!

この値段のエントリーモデルのスマホでも、ついにここまで来たか!っていう感じです。

という事で、早速ワイドアパーチャ機能を試すべく、梅を撮ってまいりました!

※掲載されている写真は、画面のスナップショットです。加工はリサイズのみ!
※ちなみに…指3本スライドでスナップショット取れるんですよ!←結構便利ですw

手前の花にピントを合わせて撮ってます。

手前の花にピントを合わせました。

写真を撮る前に、画面上に並んでいるアイコンの「絞り」マークをタッチ。
右下の絞りマークをタップすると、アパーチャレベル(絞りF値)を設定できます。

アパーチャ設定で撮った写真は後からピント位置と絞りを変更できるので、適当な設定で撮ってもダイジョブです。
※が、万能ではないので、できれば構図やピント位置、絞り(アパーチャ効果)などをキチンと決めて撮ってくださいねw

この写真は、縦構図で手前の花にピントを合わせています。
アパーチャ効果は絞りF0.95!背景はボケてますねぇw

ピント位置はそのままで、F値のスライダーを右にずらすと絞りがどんどん絞られていって、最大F16まで絞れます。

F16まで絞るとこんな感じ。

F16まで絞るとこんな感じ。

F16まで絞るとこんな感じ。
背景にはわずかにボケは残りますが、F0.95に比べればかなり絞られてますね。

ピント位置を背景に合わせるとこんな感じ。

ピント位置を背景に合わせるとこんな感じ。

背景にピントを合わせるとこんな感じ。
※ピントを合わせたい位置をタップすると、絞りのマークが一瞬表示されます。
絞り値はF0.95にセット。手前がかなりボケてます。

ウインドウ越しに富士山w

ウインドウ越しに富士山w

愛車ジムニー、久しぶりに洗車しましてんw
その時のワンショット。
ウインドウ越しに富士山が見えます!

アパーチャ機能を使って絞りを絞ると、富士山もきれいに見えま

アパーチャ機能を使って絞りを絞ると、富士山もきれいに見えます!

アパーチャ効果を使って絞りをF16まで絞ると、富士山もはっきり見えますね!
ワイドアパーチャ機能すげー

富士山にピントを合わせ、絞り開放!

富士山にピントを合わせ、絞り開放!

富士山にピントを合わせて、絞り(アパーチャ効果)を0.95(絞り開放っすね)すると…
ジムニーの窓枠はボケて富士山くっきり!

ペンシルしてみましたw

ペンシルしてみましたw

フィルターを使うと、ペンシルとかモノクロにも変更できます。
ジムニーのボディ、キズだらけ!じゃないですよ。
「ペンシル」に加工してみましたwww

アパーチャ効果、フィルターを設定した後の写真を別に保存できるので、オリジナル+アパーチャ&フィルター…結構遊べますね。

いやぁ~遊びがいがありますね。
これだけの機能を搭載している(エントリークラスの)スマホって、なかなか無いかも!
しかも「格安!」←ココ重要w

到着してまだ1週間程度、これからどんどん使っていきたいって思います。
という事で本日は、HUAWEIのエントリークラスのスマホ nova lite 2に搭載されているデュアルカメラ、ワイドアパーチャ効果(機能)を試してみました!っていうお話でしたw

HUAWEI nova2 lite 2 の開封記事はこちら。ご参考にどうぞw

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 100 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*