コンパクトで薄型の無線キーボード&静音マウスのセット「LORERAN KB101」。結構気にいって使ってますw

ワタクシ、自他共に認める(自…だけかもしれませんがw)キーボードオタクでございます。
気に入ったキーボードを探し求めて、何台ものキーボードを買って使ってきております。
※安物ばっかりだけどね(汗)

という事で、今回も値段につられてポチってしまいました(笑)
2.4GHz帯を使う無線キーボードと、無線静音マウスのセット 「LORERAN KB101」でございます。

小型薄型の無線キーボード&静音マウスのセットをゲットw

小型薄型の無線キーボード&静音マウスのセットをゲットw

LORERAN?聞いたこと無いなぁ…(汗)

キーボードは私の好きな薄型「ペシペシ」タイプですね。

静音マウス?
左右のクリック音が静からしいです。

Windowsに対応してて、専用の無線レシーバーをパソコンのUSBに挿してペアリングするタイプです。

ワタシ的には、メンブレンとかメカ?みたいなキーより、ノートPCとかによくあるようなキー。
パンタグラフ定期な感じで、ストロークも浅めが好きなんですよ。

今使っているのはメンブレンのキーボードとマウスのセット、ロジクールの「MK240 NANO」ですが、やっぱりキーストロークの長さ(深さ?)が気になっててw

キーボードと言えば…今使っているメインパソコンASUSの「TransBook T303UA」付属のキーボード、すごく打ちやすくて気にってるのですが、カバー一体型キーボード?
本体タブレットに磁石でくっつけて使用するタイプ。
ノートパソコン的で良いのですが、キーボードの自由度っていうのかな?
キーボードと本体は離れている方が自由度高いし、もうその状態に慣れてるので…
使いやすいんだけど、ちょっとお蔵入り気味でございます。

早速開封…こんにちわw

早速開封…こんにちわw

早速開封…こんにちわw
※ちなみに、キーボードの上にウレタン?5ミリ厚ほどの緩衝材が敷かれていました。

左側にマウス、右にキーボード本体と説明書のみ!
ひじょーにシンプルでございます。

幅は28センチほどかな?

幅は28センチほどかな?

キーボードの幅は約28センチ。
奥行もなく、とてもコンパクトですね。

全貌はこんな感じです。

全貌はこんな感じです。

キーボードもマウスもプラスチッキーですねぇ。
とても軽いし、なによりコンパクト!
テンキーレスですが、独立した矢印キーと大型のバックスペース、小さめのエンターキー…
一見英語配列?
いえいえ、刻印を見ても分かる通り、日本語配列のキーボードでございます。

キーはシザースイッチ(SCISSOR-SWITCH)って箱に記載されてるけど…パンタグラフ的な?
※アマゾンの説明では「メンブレン」だけど、ちっと違ってるかな?

英語と日本語の簡単な取説付き。

英語と日本語の簡単な取説付き。

説明書は英語と日本語。
電池の入れ方とか、簡単な事しか書かれてませんが…

電池を入れてレシーバーを挿せば使える…的な?www
特に難しいことはありませんでした。

マウスの電池は、単3電池1本です。※別売w

マウスの電池は、単3電池1本です。※別売w

マウスは単3電池1本使用します。
※残念ながら別売w添付はされてきません。
電源スイッチ的なスイッチもありません。
ある一定時間未使用でスリープモードに入るようなので、一応節電は考えられているようです。

電池室の横に無線レシーバーが格納されていますので、外してパソコンのUSBに取り付けます。
※取り付けたら勝手にセットアップされて使えるようになりました。

キーボードは単4電池2本。※別売ですw

キーボードは単4電池2本。※別売ですw

キーボードは単4電池3本入れます。
こちらも電源スイッチとかはなく、電池を入れたらすぐに使えるようになりました。

キータッチは「ペシペシ」してて、でいて適度なクリック感?
とっても好きなタイプのキータッチでございます。
ただ、エンターキーが細長いタイプなので…ちょっと慣れが必要かもですね。

ロジクールのMK240 NANOと並べるとこんな感じ。

ロジクールのMK240 NANOと並べるとこんな感じ。

手前がロジクールのMK240 NANO
幅はほぼほぼ同じなんだけど、奥行きが2~3センチほどあるので、KB101の方がコンパクトに見えますね。
っていうか、実際コンパクトです。

薄いし角度が付いてるから打ちやすいです。

薄いし角度が付いてるから打ちやすいです。

横から見るとこんな感じ。
KB101…薄いですねぇ。
ロジクールのMK240って、手間も1センチほど厚みがあって、結構気になってたんですよね。

KB101は角度調節はできないけど、ちょうどいい傾斜が付いてるので、打ちやすいです。
※MK240は二段調節できます。

なんかキー足りなくない?(汗)

なんかキー足りなくない?(汗)

比べるとわかると思いますが…
バックスペース左横の「¥」キーが無いんですよ(@_@;)
「¥」自体は右下の「\」で打つことはできるのですが、縦棒とかどうするんだろう(汗)
とはいえ、普通に使っている分には無くても良さそうなキーなので…
ワタシ的には今のところ不便は感じてないです。

あとは「Enter」キーが細長タイプなので…
エンターを押すつもりで「む」とか押しちゃうんですよね(汗)
※この辺は慣れですねw

ロジクールと同様に、ファンクションキーとの組み合わせで音量調節とかできます。
ちょっとしたことなんだけど、結構便利なんですよね。

剛性が弱いので、底面にクッションテープ貼ってます。

剛性が弱いので、底面にクッションテープ貼ってます。

底面の四隅に丸いクッションが付いているのですが、キーを押すと特に手前の中央部分がたわんで…
言ってみれば「ぐにゃぐにゃ」(汗)

剛性が全く無いので、床に当たる部分に1~2ミリほどのクッションテープを貼りました。
これでぐにゃぐにゃしなくなるので、気になる方はお試しをw


キーボードって、一番良く使うパソコンの周辺機器。
だけど、なかなか自分に合うものがなく。
道具が全てじゃないし、高いキーボードを使えばそれに見合う?それ以上の文章が書けるものでも無いんだけど…

でも、自分に合ってる?気に入ってる?キーボードだと、打ってても(書いてても?)楽しいですよね。
※筆が進むってもんですw

マウスですが…静音タイプ?
左右のクリック音がカチカチっではなく、コツコツっていう感じ。
確かに静かですね。
あと、中央にボタンが付いていて、解像度が変えられるようです。

また一つ理想のキーボードに近づいたというか、良いキーボードに巡り合ったなっていう印象。
若干の不満とか慣れとか必要かもしれないけど、愛着持って長く使いたいですね。

という事で本日は、安いんだけど自分的にはちょー気に入ったワイヤレス(無線)キーボード&静音マウスのセット。
「LORERAN KB101」のご紹介レビューでしたw


※2018年10月7日追記

左矢印キーの反応が、ちょっと悪いかなぁ。
軽く押しても反応しないときがあります。
強く押せば反応するので、接触が悪いのかな。

マウスの左右ボタンも、軽く押したときに反応しないことがあります。
ちょっと強めに押せば確実に反応はするんですけどね。

値段が値段だけに…品質が安定していないのかもしれないですね。
それ以外は、メインのキービードとして好調に動作していおります。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 89 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*