ちょっと暖取り…イワタニ カセットガススーブ

毎日寒い日が続きますねぇ~
うちはマンションなんだけど、灯油が(原則)禁止なんですよ。
まぁリビングには温水式床暖房(TES)が入ってるからいいけど、私の部屋とかは電気ファンヒーターとかエアコンを使ってます。

寒さには比較的強い方なんで、暖房はなるべく使わないようにはしてるんだけど…
結構電気代かかるんですよね。ホントは石油ファンヒーターとかガスファンヒーターとか欲しいんだけど、灯油は使いたくないし、ガスはホースが必要でしょ?ちょっとだけなのに大掛かりになっちゃう。

で、探して…去年私の部屋の暖房用に導入したのがこれ!

カセットガスストーブ

イワタニの屋内用ガススーブ。カセットガスを使うんです。

ご存知イワタニのカセットガスストーブ(屋内用)。

カセットガスって、家族で鍋パーティーとかで使うカセットガスコンロに使われる物。

カセットガス

右のがイワタニ純正。左のは3本300円位のもの。

今ではポータブル発電機とか、家庭用耕うん機などに幅広く使われてますよね。
これを1本本体に入れて暖房に使えるのが、カセットガスストーブ。

ちなみに、右のはイワタニ純正のカセット。3本で500円位します。
左(後ろ)のは、ホームセンターで買ってきたカセット。3本で300円位かな。
カセットガスは規格が統一されてるので、どこのメーカーのカセットでも使えます。

カセットガスのセット

爪を合わせて押しこむ。磁石でくっついてます。

カセットはこんな感じに後ろに入れます。
磁石で吸い付く感じになってます。なので、ちょっとの衝撃で外れます。
※蹴飛ばしたらすぐ外れて火は消えます。

そうそう、カセットガスってさぁ、外気温が低いと燃焼中に缶が冷たくなって汗をかく(缶の周りに水滴が付く)んですよね。
このストーブには熱を少し缶に与えるプレヒーターみたいなのが付いてるので、缶が冷えること無くガスを最後まで使えるようになってるんですよ!

ガススーブの右側面

ガスの開栓&着火レバーが付いてるだけのシンプル設計!

横から見るとこんな感じ。
つまみを左に回しきるとカチンって着火されます。
よーするにカセットガスコンロと同じ。着火をミスったら、またカチンってやるだけです。
※新しいタイプには省エネ運転のエコつまみがあるみたい。

着火!

カチンですぐ温かい!さすがガスですね。

10センチx6センチ位かな?小さなプレートからガスが出て燃焼します。
その時に遠赤外線も出るから、ちょっと離れていても意外と暖かく感じます。
もちろん火、炎ですから、上の方とか熱くなります。

燃えてるところを見てると、ほっこり温かいんですよねw

下の小さな炎が着火安全装置になってて、炎が消えたらガスが止まります。(不完全燃焼停止)
※ガスが出続けるようなことはないですね。
ガス器具ですから、何重にも安全対策は取られてます。

部屋の暖房に使ってみた

いつもは私の部屋で使ってます。

私の部屋は約5畳の洋間。北側に窓があります。
冬は寒いんですよ!
でもこれ1台で意外と温かい。カチンですぐ温かいし…さすがガス!

大きさは幅高さ約30センチ、奥行き約21センチ、重さ3キロ弱位。
とっても小さくて軽い!
なので、時々リビングに持って行ったり、和室で使ったり。
使いたいところに持ち運んで使ってます。

で、カセットガス1本でどれくらい使えるか!ですが、仕様は3時間20分。
部屋では室温20度になったら止めて、寒くなったら(15度前後)また点ける。
※20度を超えるまで、大体15分位かな。
この使い方で、ストップウォッチで計ると、大体3時間20分~30分位使えてます。
※仕様通りの性能ですね。

例えば1000Wの電気ファンヒーターを1時間つけると、電気代は約27円(位かな)
3時間20分だと約90円。
そう考えるとカセットガス1本(約100円)よりは若干電気の方が(ランニングコストは)安い。
けど、電気のコードがいらないし、カチンですぐ温かいっていうメリットも有りますね。
それにファンヒーターだと、結構つけっぱなしにするじゃないですか。
コメ目に消すほうがエコですよね。
※カセットガス代はかかるけど、電気消費量的には省エネw

  • 燃料(カセットガス)は比較的どこでも入手可能
  • カチンですぐ暖かい
  • 電気のコードが要らない
  • 小型軽量で、使いたいところに手軽に持って行って使える
  • 燃焼時水蒸気が出るので、お部屋の乾燥を防げる
  • 停電、災害時にも暖房器具として使える

メリットとしてはこんな感じ。逆にデメリットは…

  • 火、炎を使うので、周囲など安全面に気を使う必要がある
  • 時々換気する必要がある
  • 電気に比べてランニングコストが掛かってしまう
  • 使い終わったカセットガス缶の廃棄(穴を開ける等)

普段使いもいいけど、災害時の暖房って結構重要かも。
カセットガスコンロは結構も持ってたりするけど、ストーブはあんまり持ってませんよね。
停電・災害対策にコンロとともに1台あってもいいかもw

ということで、本日はちょっと暖を取りたいときに便利なグッズ、カセットガスストーブのお話でした。


※2016年10月24日追記
そろそろ寒くなってきたので、今年もこいつのお世話になりそう。
箱から出して、準備しておかねばw
カセットガス(CB缶)を使うから、電源コードとかガス管とか余計なものがないのはメリット。カチッとすれば火がついてすぐ暖かい。っていうのもメリット。
ただ最大のデメリットとしては、上にも書いたけどランニングコストかなぁ。CB缶1本100円としても、100円で連続3時間半しか使えないからねぇ。
キッチンの足元を素早く温めるとか、朝起きてストーブがつくまでの時間暖かくとか…メインではなく(いわゆる)隙間用途に向く感じかなぁ
※私は自分の部屋でメインで使ってますけどねw

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!



(Visited 1,170 times, 8 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*