消費増税のポイントバック・キャッシュレス決済、最良の選択はこれだ!

結論から言いましょう。
2019年10月からの消費税増税対策として、ワタシが考える最善策!オススメは…

楽天カード(JCB)+楽天Pay(R pay)」。
さらに言えば、カード決済銀行は「楽天銀行」で決まりでしょう(^_^)v


2019年10月から消費税が2%増税されて、10%になることはご承知の通り。
一部8%に据え置かれますが、それでも 増税により景気の後退は避けられません。

2019年10月からの消費増税に伴う景気対策として実施されるポイントバック。
対象のお店で商品を購入すると、購入金額の2~5%がバックされる予定です。

でも、現金ではポイントバックされないんですね。
クレジットカードやQRコード決済など、キャッシュレスで決済された支払いについてしかポイントバックされません。

日本は「キャッシュレス決済」後進国。
政府は なんとしても「キャッシュレス」を普及させたい。
なので、「キャッシュレス決済にのみポイントバック」で、キャッシュレスを普及させようとしてるんですね。

JCBカードの場合、引き落とし金額からポイント分引いた金額が、実際に引き落としになるみたいですね。

いずれにしても「ポイントバック」されるのなら、利用しない手は無いですよね。

  • d払い(ドコモ)
  • PayPay(Yahoo ソフトバンク?)
  • au ウォレット(au)

携帯などの通信キャリアが持っている「キャッシュレス決済」。
キャリアに加入している人なら、おそらく使っていますよね。
ちなみにワタシはドコモユーザーなので、「d払い」を使っています。
コンビニとかでの支払いで、小銭を準備したりお釣りで財布がパンパンに生らず、スマホでサクッとお支払い。
通話料金とかと一緒に引き落とされるから、ホント手間もかからず便利なんですよね。

  • dポイントがもらえる
  • dポイントは1ポイント/円で、d払いの支払いにも使える
  • 通話料金をカード払いにしておけば、カード会社のポイントも付く

「ポイントポイント」って、しつこいようですが、ポイントが付いたほうが良いし、溜まったポイントが使えればなお良いですよね。

最近は各決済とも「キャンペーン」が少なくなってきましたが、1度キャッシュレスの便利さを知ったら、もう戻れませんよねw

  • 楽天Pay(楽天)
  • LINE Pay (LINE)
  • Origami Pay
  • Fami Pay(ファミリーマート)

QRコード決済も、ホント色々登場しましたよね。
7Payは失敗して撤退したみたいだけど、セブンイレブンも10月から楽天Pay、d払いなどに対応するっていう報道もあり、コンビニでのキャッシュレス決済も本格的に普及してきてます。

ちなみに、私個人としては、セブンイレブンが「楽天Pay」、「d払い」に対応してくれるのは嬉しいですね。
コンビニだと「ローソン」と「ファミマ(ファミリーマート)」をよく利用するのですが、最近は実家(愛媛県)でもセブンイレブンをちらほら見るようになってきました。
なので、今後はセブンも使いたいなって思ってました。


でね?
ワタシがなぜ「楽天カード+楽天Pay」を押すのか?ですが…

楽天をよくお使いの方ならご存知かと思いますが、楽天のポイント「楽天スーパーポイント」って、「貯まりやすく」「使いやすい」んです。

  • 楽天で買い物をする
  • コンビニや街のお店で、買い物をする
  • 楽天が提供しているアプリでゲームをする
  • ローソンで「チェックイン」する
  • 楽天からのメールを受け取り、クリックする・動画を見る

簡単に、知らないうちに「楽天スーパーポイント」が貯まるんですね。

  • 楽天で買い物する
  • 楽天モバイルの通話料(通信量)
  • 楽天マガジンの利用料
  • コンビニや対応するお店で(楽天Pay)

楽天スーパーポイントは1ポイント1円として、支払い時に使えるんです。

「d払い」も貯まりやすく使いやすいとは思うのですが、ポイントのたまり方が「楽天スーパーポイント」の方が多いんです。

例えば「楽天市場」で買い物する時のポイントは…

  • 楽天会員 +1
  • 楽天カード +2
  • 楽天プレミアムカード、ゴールドカード +2
  • 楽天銀行・楽天カード +1
  • 楽天保険・楽天カード +1
  • 楽天電気 +0.5
  • 楽天証券 +1
  • 楽天モバイル +2
  • 楽天トラベル +1
  • 楽天市場アプリ +0.5
  • 楽天ブックス +0.5
  • 楽天kobo +0.5
  • 楽天ブランドアベニュー +1
  • 楽天TV +1
  • 楽天ビューテティ +1
  • イーグルス・ヴェッセルバルセロナが勝ったら次の日 +1

私の場合は、楽天会員+楽天カード+楽天銀行・楽天カード+楽天モバイル+楽天市場アプリの合計…6.5倍!
通常ポイント(200円1ポイント)が、200円で6ポイント、400円なら13ポイントも付くんです!

さらに楽天カード(JVB)から引き落とされる時に、カード側のポイントも付きます。
楽天会員+楽天カード(JVB)で、これだけ得になるのなら、使わない手はないですよね!

Edy付き楽天カード(JCB)。楽天ポイントカードとしても使えます。
Edy付き楽天カード(JCB)。楽天ポイントカードとしても使えます。

ちなみに…楽天カード(JCB)は、年会費はもちろん無料
審査も比較的通りやすい「クレジットカード」です。
※私はアルバイトしている時に契約したのですが、アルバイトで年収200万ちょっとでも審査は通りましたよ(^_^)v

そうそう、忘れてました。
楽天と言えば「楽天Edy」もありましたね。

楽天カードにも付いてるキャッシュレスで支払える仕組みで、事前チャージが必要なキャッシュレスサービス。
Edyへのチャージでもポイントが付くし、楽天ポイントカードを提示して楽天Edyで支払えば、スーパーポイントも付きます。
もちろんコンビニで使えるし、「すき家」や「丸亀製麺」でも使えますw


色々考えると、今は広大な「楽天経済圏」の中で、お得に生きたほうが私は良いと思います。
もちろん他のサービスの方が(例えばd払い)良さそうなら、そっちを使えば良いだけの話。

複数契約してお得に使う。
消費増税、景気低迷、収入源、社会保障費増大…これらを乗り切るには、我々消費者も「何がお得か」、「どうすればお得になるか」を考えて消費する。物を買う、サービスを受ける 時代なんでしょうね。

情報弱者は損をする」まさにこれです!
キャッシュレス時代、お得に生きていきましょう!
でわ!

財務省の「税」に関する公式ページはこちら。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 14 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*