今はサラリーマンだけど、フリーランスってどう?自由に暮らしたいって思います?

あなたは、今現在「正社員」(正規雇用)で働いているとしましょう。

将来的にも、サラリーマンで定年まで勤め上げる。
定年後は、年金や貯金で悠々と過ごしたい。

はい!無理です。
ごく一部の人を除いて、そんな将来は来ません。
それって、何十年も前の話です。
今の日本では通用しません。

なぜなら、

  • 正社員と言えども、「将来的に安定して雇用される」とは限らない。
  • 「働き方改革」によって収入が減り続ける。
  • 年金・医療など、社会保障費も年々増加していく(収入が減る)
  • 収入が減るから「貯金ができない」
  • もはや公的年金は崩壊している。

会社員(正社員・サラリーマン)って、簡単にうと「自分の時間・労働」の対価として、一定の収入や社会保障・信用を得ていますよね。
つまり「時給制」での働き方。

では、派遣・契約社員・アルバイトはどうでしょう。

正社員と同じ「時給制」での働き方ですが、社会保障・信用などの面において、正社員より不利な立場で働いていますよね。
同じ仕事をしても正社員ほど収入は得られないし、社会保障費は自分持ち。
「信用」もほぼありません。

ちなみに「正社員の信用」は、言ってみれば「会社の看板を背負ってることからくる信用」であって、あなた個人に「社会的信用」があるか?と問われると疑問が残りますよね。


私は約25年間エンジニア(SE)として、正規雇用(正社員)で働いていました。
バブル時代を経験した世代ですが、個人的にはその恩恵はあまり受けなたったですね。
※社員旅行で、何回か海外に行ったくらいです。

その後は皆さん御存知の通り。
バブル崩壊・景気低迷・リーマンショックなどにより、業績が急速に悪化。
当時部門長(いわゆるマネージャ)でしたが、部門ごと切り離し…ではなく「廃止」される事になり。

リストラ…ですよね。
部門内の人たちに退職を勧告し、最終的に私も退職しました。
※自分で自分に「退職勧告」ですね。

アルバイトや契約社員などを経て、現在は自称「フリーランス」として働いています。

私にはシステムエンジニアとして25年のキャリア、マネージメント経験があります。
その経験を活かす形で「フリーランス」として歩み始めました。

将来「フリーランス」として働きたいと思われている方も多くいらっしゃいますよね。
おそらくこの記事を読まれている「あなた」も、そうだと思います。

会社を辞めて、明日からフリーランスで働くぞ!

なんの準備もせず、スクルもなく(またはスキルアップもせず)、自分の売りも分からない…
もやもやしている状態で「いきなりフリーランス」は無謀です。

例えば、

  • デザインの分野で働きたい。
  • プログラミングで稼ぎたい。
  • Webデザイナー、ブログやホームページで稼ぎたい。
  • などなど

それぞれの働き方・職種によって、必要なスキルは違ってきます。

独学で勉強したから「大丈夫」!
であれば、仕事(案件)を見つけて働き始めてもいいと思います。

関連リンク:

【 techcareer freelance】ITエンジニア×クリエイター特化のフリーランス専門サイト

ちなみに、どの職でも「営業力」は必要です。
自分で営業して仕事を取る。フリーランスの基本ですから。

  • 自分のスキルに自身がない
  • 新しいスキルを身につけたい

そして、将来を目指すのなら、正社員で働きながら勉強できる「通信教育」が良いと思います。

関連リンク:

【TECH::EXPERT】デザインスクール
【TECH::CAMP】エンジニアスクール
【TECH::EXPERT】エンジニアスクール LP1


今正社員で働いているなら、退職は半年~1年先に設定するのが良いと思います。
スキルアップや準備に「近道」はありません。
「遠回り」するくらいの気持ちが必要です。
退職するまでの時間は、できる限り「自分のスキル」を磨く時間に当ててください。


最後に一つだけ言っておきます。

サラリーマンって、ラクな商売ですよ!
でも、自分の中には「何も残りません」。
だったら、苦しくても「将来的に使える資産」を残せる「フリーランス」。

時間の対価ではなく、成果による対価。
頑張って生きましょう!
でわ!

ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローよろしくです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

(Visited 11 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*