マスクの転売禁止!続く「いたちごっこ」。

マスクの高額転売を規制するため、3月15日から取得時を超える値段での販売が禁止されますね。
この閣議決定のミソは、「取得時の価格」を超えてはいけない点です。


安く買って高く売る。これが転売を含む「小売の基礎」。
一般的な小売、スーパーとかでも「問屋などから安く仕入れて、店頭で(利益や手数料などを上乗せして)高く売る」ことが基本なわけです。

このビジネスモデルに従えばマスク転売も、「マスクを安く仕入れて、店頭やネットで高く売る」。
法的にも何ら問題ない行為なんですね。

あ…けして転売屋を養護しているわけではないですよ。

一般的な(ネットを含む)小売業者と違って、「儲かる物のみ大量に仕入れて、適切な時期の高額で売り抜ける」ことが転売屋のビジネスモデルです。
なので今回の新型コロナなどで「マスクの需要が高まる」と思ったら、マスクのみを大量に仕入れて高額な値段で売る。

一時的には見事に的中したわけで、転売屋の懐も相当潤ったと思います。
でも、今回は商材「マスク」が、ある意味よくなかった。

日本国内はもとより海外でも品薄・全く入手困難な状況。
そういう意味では、転売屋の読みは鋭かったわけです。

でもね?今回は状況が違った。
マスク不足を狙ったのは良かったけど、あまりにも高額すぎた。
また、あまりにも大量に仕入れすぎた。

新型コロナウィルスの爆発的な感染拡大による「全世界的なマスク不足」によるマスク不足に対する怒りが、マスク転売屋に集中した。

もちろん「転売目的」でマスクを買ったり売ったりする人ばかりではないと思います。
でも、現在では「ネットでマスクを売る=マスク転売屋」の構図になってます。

ということで話を戻します。

3月15日から、フリマやオークションで「マスクの販売」が事実上できなくなります。
たとえ定価販売だとしても、仕入れ時の価格より1円でも高く売れば「違反行為」となり、罰則も適応されます。

おそらく現在でも、転売屋の手元には「大量にマスクの在庫」があると思います。
普通に売ったのでは儲からないし、今マスクを「マスクとして」出品するだけで集中攻撃を浴びることになるでしょう

「抱き合わせ販売」や「闇マスク」。
早くも登場しているようですね。

〇〇を買ったら、マスクをおまけとしてお付けします。
もちろん〇〇は、適正価格ではなく高額です。
〇〇を売るのが目的じゃなく、マスクが主役なんですから当たり前の話ですよね。

「10枚白」、「個装5枚」…
マスクを連想させる写真を使って出品。

マスクっていう単語や写真を使うと転売目的と取られるので、隠語を使う。
いわゆる「闇マスク」。

いくら法で規制しても、転売屋は次の手を考えます。
持っている在庫をなるべく高額で転売したいのですから、転売屋も必死ですよね。

結局は「いたちごっこ」なんですよね。

例えば、

  • 2020年1月1日以降にマスクを定価(市価)を上回る価格で販売(転売?)した人は、販売したマスクの仕入れ価格・仕入先などを報告する義務を追う。
  • 高額転売と判断できれば、3月15日以降に適用される罰則を適用する。
  • また現有する在庫も没収する。

まぁ現実味はないけど、このくらいの事をすれば「マスク転売屋」も懲りるんじゃないかな?
なんて勝手に思ったり←あくまでも「勝手に思った」だけです。

消毒液や除菌ウエットティッシュなども、最近はほんと見なくなりました。
新型コロナウィルス対策として「アルコール消毒」が有効らしく、これらの商品も店頭から消えネットで高額転売されてます。

メルカリなどでは、新型コロナウィルス関連の商品は出品禁止になっています。
でも、闇〇〇や抱合せは減らないでしょうねぇ。
メルカリ事務局の「本気対応」を、期待したいところですね。


今回の規制で「マスク」が潤沢に市場に出回るとは思わないけど。せめて「必要な時に必要なだけ購入できる」ようになってほしいですね。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。
でわ!

※Youtubeチャンネル
channnel yamamoa
※応援・チャンネル登録、よろしくお願いします。

※ツイッターでも情報を発信中!「@yamamoa」フォローお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!

※高額転売品を買わないようご注意くださいね。

(Visited 13 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*