コストパフォーマンス最高だね! ASUS 10.1インチ アンドロイドタブレットTF103C

今年はタブレット元年でございます←私的にはねw
2015年元旦早々7インチアンドロイドタブレット Si01BEを購入し、今月(2月)に入ってjcomの8インチタブレット
そして…

ジョーシンからの宅急便

宅急便キタ━(゚∀゚)━!

(*^m^*) ムフッ♪ポチってしまったwで、2日目に到着でございます(^^)v
タイトルにも書いてるけど、10.1インチ アンドロイドタブレット!

アマゾン内のジョーシンWebから出店されてたタブレットをポチッとなw
なので、アマゾンの箱じゃなく(アマゾンからの発送ではなく)、ジョーシンから発送でございます。

TF103C外箱

ジョーシンの箱を開けると…ASUS Pad TF103Cが!

早速外箱を開封。
おぉ~ASUS トランスファータブレット TF103C(型番はTF103-BK16D)。キーボードドック付き!
ASUSの日本語HPでは、ASUS Pad TF103Cってなってますね。

早速開封

本体に充電器に…必要最小限っすねw

 

色はブラックとホワイトがあったんだけど、なんとなくブラックを選んだw
早速開封。箱の中身は…
本体、ACアダプタ(USBタイプ 出力5.2V1.35A)、充電ケーブル(USB-マイクロUSB)と説明書類。

TF103c本体

お色は2色。ブラックとホワイトが有りましたが、迷った末にブラックをチョイスw

本体はこんな感じ。
キーボードドックにタブレット本体がカチッとセットされてます。いわゆる、今どきの言い方をすれば2in1?
※これ以上は開きません。
キーボードは(おそらく)パンタグラフ式の日本語配列です。
タブレットに必要なホームキー、画面の明るさ調整、音量調整、設定、スリープなど、ファンクションキーも充実してます。

タッチパッドは2本指でスクロールさせたりできます。
ちゃんとカーソルが出る!もちろんマウスを繋いで操作もできます。

ちなみに、このTF103Cは2014年夏モデル。2014年7月発売でございます。
スペックは…

  • Android™ 4.4.2
  • インテル® Atom™ プロセッサー Z3745 (クアッドコア 1.33GHz 最大1.86GHz)
  • LPDDR3メモリ 1GB
  • 1,280×800ドット 10.1型ワイド TFTカラータッチスクリーンIPS液晶
  • 静電容量方式10点マルチタッチ・スクリーン
  • eMMC 16GB
  • 背面約200万画素、インカメラ約30万画素
  • ASUS WebStorageサービス 5GB (永久無料版)
  • microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード(64GBまで)
  • IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
  • バッテリー駆動時間約9.5時間
  • 幅257.4ミリx奥行き178.4ミリx高さ9.9ミリ
  • キーボード(85キー日本語キーボード)ドック付きの場合、高さ19.8ミリ
  • 約550g(タブレット本体)。キーボードドック付きの場合約1.1kg
  • キーボードドック側にUSB2.0の端子x1
  • GPS、電子コンパス、加速度センサー、磁気センサー搭載
  • ステレオスピーカー内蔵。イヤフォンジャックは4極ミニプラグ
  • バッテリーは5070mA。充電約5時間。駆動時間約9.5時間

でございます。(ASUS Pag TF103Cのページ、パンフレットより抜粋)

去年の夏モデルなんだけど、CPUは今どきの物と同じ。
メモリーが1GBと、ちょっと控えめ。10.1インチとしては画面の解像度は若干低め。
※ただし一般的なノートPCは1366 x 768なので特に遜色はなく、普通に使えます。
あとはほとんど遜色がありません。

でもさぁ…今時の物って価格が4万円を越えてたりするじゃないですか。
でもTF103Cなら専用のキーボードドックまで付いて税込み3万円弱でございます。
コストパフォーマンスすげーいいよね(^^)v

ということで、写真で見るASUS Pad TF103C(TF103-BK16D)でございます!

TF103Cギャラリー1

ホーム画面

 

TF103Cギャラリー2

タブレット本体は564グラム。10.1インチではまぁ標準的な重さかな?

TC103Cギャラリー3

キーボードドックの重さは549グラム。合わせると1.113kg。10インチ程度のノートPCと同じくらいかな。

TF103Cギャラリー4

背面カメラは約200万画素。正面向かって左側に音量調整ボタンとマイクロSDスロット(写真はマイクロSDカード刺さってる状態w)。スピーカーは左右に付いてます。

TF103Cギャラリー5

正面向かって右側はイヤフォンジャック(4極サポートしてます)のみ。マイクは右上に内蔵。

TF103Cギャラリー6

キーボードはプラスチック製、表面にヘアライン仕上げでで高級感有り。ドック部は金属製です。中央のボタンを押しながら引っこ抜くと分離できます。

TF103Cギャラリー7

タブレット側のドッキング部。中央にコネクタ、左右はガイドプレート用の溝です。

TF103Cギャラリー8

本体のマイクロUSB端子。キーボードドック側にUSB2.0コネクタがついてます。

とまぁ、こんな感じ。
さすがに10.1インチは大きく、ホントぱっと見は小型のノートPCですね。

約1週間使ってみた感想とか気づいたこと…

  • やっぱり10.1インチ!大きく感じますね。でも500g台は、大きさの割に軽いと思う。
  • キーボードが使いやすい!私好みのペシペシ感w。ファンクションキーも充実してるから使いやすい。
  • 日本語変換はASUS独自のものみたいだけど、もちろんグーグル日本語変換もATOKも使えます。ウチではATOKを入れてます。
  • Bluetoothでキーボードは繋がるけど、入力と言語のところに接続中のハードキーボードが表示されないので、エレコムとかのAPPが使えず、英語配列で認識されてしまう。(jcom 8インチタブレットと同じ)
  • キーボードドックにつながってると、縦横は横固定になるみたい。
  • 電源が入っていても(画面が表示されていても)、ボタン押しながら切り離せる!キーボードが必要になったらガチッとドッキングさせればOK!
  • メモリーが1GBと少なめだけど、動作自体はストレス無し。
  • 1GBしか無いので、使い終わったアプリはどんどん停止させるのが吉!
  • 内蔵スピーカー、意外と音がいい。ていうか、ユーチューブ程度の動画なら普通に聞けます。タブレットの両脇に配置されてるから、もちろんステレオです。
  • 電源が入ってる時に本体を折りたたむとスリープに落ちて、開くと立ち上がる。使い勝手もいいです。
  • 夜4時間ほど使って、2日に一回充電する感じだから、8時間位は使える(本体だけなら仕様上は9.5時間だけど、キーボードドックがついてると短くなるみたい)
  • 無線マウス使えます。100均で買ったメモリーカードリーダーライターも使えます。
  • ただしUSBハブは使えないみたいなので、マウスとカードリーダーを同時に使うことはできないみたい。
    訂正!USBハブ使えました。私が試したUSBハブが壊れてたみたい。ノートPCで試してもダメだった(汗)
  • テレビ東京オンデマンドももちろん再生できます。たださぁ…ログインとか番組選択画面が縦に固定されるんだよね。番組が再生中は横になるんだけど…。横画面もサポートしてほしいぞ!
  • dマガジンだけど、10.1インチでもまだ辛いなぁ。小さい文字もギリギリ読めるんだけど、拡大とかせずに読むには12インチ位のが必要かも。※7インチや8インチタブレットよりは読みやすいですw
  • 5GBのストレージが永年無料でついてくるので、ノートPCからのデーターの受け渡しはネット経由が便利。ただし巨大なファイルは時間がかかる~から、あんまり使わないかもw
  • chromeとか予め使いそうなアプリはインストール済みなのですぐ使える。

まだまだ全然使いこなせてないんだけど、去年のモデルでメモリーとか画面の解像度はちょっと低めだけど、逆にその価格がこなれてるので、コストパフォーマンスはいいですね。

最新OSを使いたい!とか、ゲームガンガンやりたい!とかじゃなければ必要十分な性能を持ってます。
打ちやすく使いやすい日本語キーボードドックもついてるし、初心者の方から中級クラス?の方くらいまでなら十分守備範囲。

価格性能比、コストパフォーマンスで選ぶなら、現行モデルじゃなく去年のモデルでもいいんじゃないかなぁ~とにかくTF103C(TF103-BK16D)は使えるなって思いました。
※色は、私の買ったブラックとホワイトTF103-WH16D)があります。見た目の色の違いだけで、性能・仕様は同じです。

本日はASUS Pad TF103C(TF103-BK16D)のお話でした。
今後は追加レポート、7インチ、8インチタブレットとかとの比較もしていきますのでヨロシクです!

※そうそう、アマゾンのジョーシンWebでは取り扱いがなくなったみたい。
※モデルチェンジ時期だからなぁ。アマゾンプライムではブラックのみ?みたいです。
※以上!ショッピング情報でしたw

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!


※ホワイトとブラック、色違いなだけで性能も仕様も同じものなんだけど、ホワイトの方が市場価格は低いようです。
※色に拘りがなければよりコストパフォーマンスのいいホワイトをおすすめします!

(Visited 1,598 times, 1 visits today)

コストパフォーマンス最高だね! ASUS 10.1インチ アンドロイドタブレットTF103C」への2件のフィードバック

  1. kindle

    TF103F、今現在(2016/09/22)でも使用出来ていますか?このブログ見て買おうと思いました。

    返信
    1. yamamoa 投稿作成者

      こんばんわ。
      特に問題なく使えてますよ。
      今日もテレビ東京ビジネスオンデマンドで昨日のWBSを観て、ちょうどYouTube観てるときにコメントいただきました。
      ※毎日数時間使ってます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*