お湯を沸かすなら電気で!【タイガー 電気ケトル わく子】

コーヒー、お茶、紅茶、カップ麺など…ちょっとお湯がほしいなって思った時、皆さんはどうしてます?
ガスレンジ+やかん(ケトル)?この組み合わせが一般的かな?

うちは電気ケトルを使ってます。

だってさぁ、ガスだとお湯が沸くまで(基本的には)キッチンから離れられないじゃん。
沸くとピーーー--って音が鳴るケトルを使ってる?
でも、ガスってさぁ火がついてるし、ピーーーって鳴った時に慌ててガスを止めに走るのもねぇ(汗)

タイガーの電気ケトル「わく子」。0.8リットル用でございます。

タイガーの電気ケトル「わく子」。0.8リットル用でございます。

ウチは電気。電気ケトルを使ってます。

水を入れてベースにセットして、取っ手についてるスイッチをカチッと傾けるだけで、数分後にお湯が沸いてます。
ガスみたいに火を使うわけじゃないので、スイッチ入れたら他の場所で他のことができます。
ガスより安全なんですよね。

ベース部分。電気のコードが付いてます。中央の部分が電気を本体に供給する部分ですね。

ベース部分。電気のコードが付いてます。中央の部分が電気を本体に供給する部分ですね。

昔の電気ケトルって電気のコードは本体に直接つながってたんだけど、今のはベース部分に繋がっていて、本体を乗せると通電するようになってるんですね。

黒い丸の部分がベースと繋がるところです。

黒い丸の部分がベースと繋がるところです。

本体の裏。
2013年製なので、約2年ほど使ってます。
消費電力は最大1300ワット。結構電気喰うように感じるけど、400ミリリットルのお湯を沸かすのに約2分位(満タン800ミリリットル、水から3分33秒!)ですから、早いしガスよりは経済的かも。
※もちろん空焚き防止の温度ヒューズも付いてます。

ケトルの中。下の銀色の部分がヒーター部分です。

ケトルの中。下の銀色の部分がヒーター部分です。

0.8リットル用なので小さいのですが、珈琲や焼酎のお湯割り、カップ麺を作るぶんにはこれで十分です。
外装が2柔構造(水量を確かめる小窓の部分も2重!)になってるので、本体が触れられないほど熱くはならず、若干保温にもいいのかな?
※完全な保温性能はありません。

そうそう、「わく子」はウチでは(電気ケトルとしては)二代目なんです。

最初に買ったのは「わく子」じゃなく、もっと安っぽいやつ。
たしか1年位で、水の量を確かめる小窓の部分から水漏れするようになっちゃって…急遽買い替えたのです。
※外装も2重じゃなく小窓も接着みたいな感じだったので、経年変化っていうか使ってるうちに劣化したのかも。

結構厚みがあります。この穴は…たぶん蒸気発生と関係あるかも

結構厚みがあります。この穴は…たぶん蒸気発生と関係あるかも

ケトルの蓋。
わく子ってお湯沸かしてる時あんまり蒸気が出ないんです。
おそらく内部で還元してると思われ…そのための穴じゃないかな。

蓋はガッチリロックされる構造。

蓋はガッチリロックされる構造。

給湯ボタンの両脇に蓋のロック解除があります。
けっこうガッチリロックされるので、密閉度はかなり高いと思われ。
※中央のボタンを押し込んでお湯を注ぎます。

倒れてもお湯がこぼれにくいんです。

倒れてもお湯がこぼれにくいんです。

わく子って間違って倒したとしてもお湯漏れは最小限なんですね。
※「転倒流水防止構造」になってるらしい。
上の写真は水400ミリリットル入れて、わざと倒してみましたの図。
全くこぼれないわけじゃないけど、どばっとこぼれることはないです。
※写真で分かるかな?テーブルに若干こぼれ。

万が一倒しても熱湯漏れは最小限。これって結構重要な要素ですよね。
熱湯がドバっとこぼれたら、火傷どころの騒ぎじゃないでうからねぇ(汗)

お湯を湧かしているところ

お湯を湧かしているところ

必要な量の水を入れて確実に蓋をして、ベースの乗せてスイッチオン!
オレンジ色のランプが消えたら熱湯の完成!

1300ワット消費するので、タコ足配線はダメですよ。
壁のコンセントに確実につないでくださいね。
で、お湯がわいたらコンセントを抜いておきましょう。
空焚き防止機能はついてるけど、念のためねw

約2年ほど使ってるけど、もちろん故障なし。
お湯が沸く時間も購入当初より変わってないです。

お湯を沸かすだけなら、手軽だし安全だし早い!電気ケトルがチョー便利。
ガスとやかん(ケトル)を使ってるのなら、電気ケトルぜひ使ってみてくださいね!

と言うことで、本日は電気ケトルタイガー「わく子」のお話でした。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへにほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ←・・・継続は力なり!応援よろしく!


アマゾンでベストセラー。ウチはピンクを使ってます!


(Visited 777 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*