新型コロナ」タグアーカイブ

行楽の秋!高速道47キロの渋滞も!

4連休の3日目、お天気も回復しましたね。連休を利用して旅行やアウトドアなど、行楽に興じる人も多いです。高速道路、久しぶりに渋滞しましたねぇ~特に圏央道から中央道下り。47キロの渋滞が発生したとか。3~4日目で車が一気に増えた感じです。事故も発生しているようですし、皆さん十分注意して、楽しんでくださいね

ワタシ?は…特に予定なく。夜のウォーキングくらいかな?昨日は天気が悪くて歩けなかったので、今日はあるかなきゃね。

Go Toトラベル、来月から東京発着も緩和されるようですし、人の移動が多くなりますね。少しは観光地も潤う?でもさぁ旅費は安くなっても、財布の紐は固く締まってます。ホテルや旅館も、宿泊費が補填されるから、高級?ちょっとお高いお宿・部屋が人気のようで。ビジネスホテルよりシティホテル。民宿より旅館?昔から比較的低料金のお宿は、結構苦しらしく。政府もさぁそういうところをもっと配慮してほしいですね。と言っても、「弱きをくじき、強きをより強くする」菅さんだからなぁ。どうなんでしょね(汗)

新型コロナ、まだまだ収束したとは言えません。確かに重症化するリスクはありますが、インフルエンザも同様。逆に最近の新型コロナは、感染力こそ衰えませんが、軽症もしくは無症状の感染者も多く。そろそろインフルエンザと同レベルの感染症指定で良いと思うんです。
今のレベルだと感染者は「隔離」なんだけど、隔離ではなく「自宅療養」してますよね。自宅療養では「隔離」していることにはならず、だってさぁ監視されてるわけじゃないので、自由に外出できるじゃない。中には飲みに行く(どこぞのプラカードおばさんが大嫌いな)「夜の街」に繰り出す人もいるでしょう。で、感染経路の不明な感染者が増えていく。

ワクチンも有効な治療方法・薬も無い。だから怖い。

確実に効く風邪薬を作ったら、ノーベル賞ものだ。よく聞きますよね。今の風邪薬(総合感冒薬)て、結局は自己治癒の助けにしかならず。いわゆる「ほっときゃ治る」、「寝てれば治る」なんですよね。

ブーメラン。←野党のことじゃないよww

誹謗中傷する人たちって「自分は絶対に感染しない」って思ってるのでしょうか?もし自分が感染したら、自分がしてきたように「誹謗中傷される」って分かってるのかな?いわゆる「倍返し」ですよね。分かっているのなら「誹謗中傷はできない」よね。

続きを読む

影響を考えてから発言してください!吉村さんw

新型コロナ、感染者拡大中!

有効な治療薬(特効薬)やワクチンすら無い今、机にうがい薬を並べて「うがい薬が…」なんて発言されたら…そりゃ転売屋が飛びつくでしょ?店頭から一瞬で消え去り、フリマの出品一覧が「うがい薬」一色になるのは(マスクを見えも)分かるでしょ?

ポビドンヨードを配合したうがい薬、例えば「イソジン」。口内殺菌効果により新型ウィルスも減少するらしく。吉村氏がおっしゃったように「予防薬」や「治療薬」ではなく、軽症者の重症化を抑える?かもしれない←まだまだ研究中です。

でもさぁ、少しでも新型コロナに効果があるのなら、みんなやってみよう!っていう気になるよね。みんな買いに走るよね。

吉村氏もさぁ、マスクの例はご存知でしょ?転売禁止の法律までできるほど高値転売が横行して、必要な人が必要な時に買えなくなった。大失策のアベノマスクの原因にもなりましたよね。
具体的な商品(うがい薬)を言っちゃうと、マスクと同じ状況になるって分かるよね。トイレットペーパー類が品薄になるっていうツイートで、一瞬にして入手困難になったのってご存知ですよね。

気持ちはわかります。ちょっとしたことでも新型コロナに関すること、予防ではないけど一部に効果が見られたのなら発表したい。だからといって、「うがい薬」って言っちゃうと、たとえポビドンヨードが含まれて無くても「うがい薬」が一人歩きするよね。

転売屋は常にアンテナ広げています。次のターゲットを探しています。吉村さん、餌を与えるような真似はしないでください。お願いします。
でわ!

【新型コロナ】実効性は大丈夫なの?どんどん複雑で奇怪になる「Go To トラベル キャンペーン」

本日の感染者確認数293人@東京都。
検査数が多くなってるから、感染者数も多く出る。
理屈はそうだけど、それだけ感染が広がってて、今もなお感染しても無症状の人たちが、感染を広げているのだと思います。

7月22日から、政府の経済対策・安倍政権の目玉である「Go To トラベルキャンペーン」が始まりますね。
旅行代金を政府が補助してくれる制度で、利用すれば通常より安く旅行に行けるってい制度。
地方の観光地など、智北経済再生・主に観光産業への経済対策。
起爆剤として期待されていたキャンペーンですが…

  • 東京都の感染者増大
  • 地方でも感染が広がっている

などの理由で、現在分かっているだけでも

  • 東京発着
  • 重症化しやすい高齢者
  • 若者の団体旅行
  • 宴会を伴う旅行

これらはキャンペーンの対象外になるらしく。

東京都民の旅行は対象外になるので、旅行時に身分証明(住所が分かる物)が必要とか…
訳が分からなく、混乱すること必須のキャンペーンになってます。

東京都知事が「不要不急の他県などへの外出は控えて」なんておっしゃったのも「東京都外し」の原因になっているとか。
国民の税金を使ったキャンペーンなのに「除外」が多く「不公平感」極まりないキャンペーンですね。

っていうかさぁ、土壇場になって何という醜態なんでしょう。
なんとも場当たり的で無責任な政府・安倍政権だと思います。

感染は全国に広がっています。
東京発地方、言ってみれば東京から感染が広がっているので「東京発着」は対象外。
うなずけますが、もっと言うなら「感染が広がりつつ中で、キャンペーンをやる?」。

人が動けば新型コロナウイルスも動きます。
人を媒介して感染するならば、極力「人の移動」は避けるべきですよね。
そんな事はおそらくわかっていると思うけど、今の政府・安倍政権は「経済優先」で動いているし、始まったキャンペーン(政策)は止められません。

形を変えようが、複雑奇々怪々になろうが、現場が大混乱しようが、安倍政権はキャンペーンを進めるでしょうねぇ。

続きを読む

【新型コロナ】収まるまで、しばらくは帰ってくるな!って言われております(汗)

今日も3桁、4日連続で100人を超える感染者が確認されております@東京都。
ご存知のように、今日は東京都知事選挙の投票日。
即日開票の予定です。

東京アラートを解除し、再選を目指して立候補。
おそらくトップ当選を果たすとは思いますが…

ワタクシ、神奈川県民でございます。
ただ都に隣接している地域で、都内に職場がある方も多く。
人が増えつつある電車で通勤している方も多く。

一都3県。
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県…言ってみれば三位一体というか、商業圏・経済圏などを共有しております。

つまり何が言いたいかと言うと、東京都で感染が爆発している=その他3県についても同様に思われている。ということです。

神奈川県では、本日20人の感染者を確認しているようです。
でも、我が実家(愛媛県)では、1都3県共通の認識です。

はい!
神奈川県なんだけど、東京都と同じ扱いをされるんですね(汗)

実家で一人暮らしの母も高齢になってきて、何があってもおかしくない状況。
何もないと思うけど、もし何かあっても今の状況では「帰ってくるな!」と言われております。

今帰ると「東京から息子が帰ってきた」と噂になり、おそらく居られない状況でしょう。

4日連続100人超え。
「夜の街」とか「若い人」をターゲットに、連日冷めた目で要請と言うなの命令を発していらっしゃる。
分かっているのなら、なにか対策しなよって思うんだけど…

続きを読む

【新型コロナ】今日は131人!3日連続3桁でございます(汗)

熊本の災害に隠れてる感がありますが、東京都では本日も100人超えの131人の感染者が確認されました。
20~30代の いわゆる「若い人」が多く、「夜の街」と言われている(感染対策のしていない)接待を伴う店舗での集団検査の数も含まれているとか。

また、鹿児島市のショーパブでの集団感染、いわゆるクラスターも発生しています。

まぁ政府も(東京都に関しては)小池都知事も、最近の数値は「想定の範囲内」なのか…
「夜の街へは行かないで!」、いわゆる「行く人を抑えたい」呼びかけしかしません。
安倍総理も、「自治体と一致協力して対策に努めていく」的な発言のみで、具体的には発言しません。

※言ってみれば「無策」。
※我々国民の「忖度」に期待している?

「緊急事態宣言」や「東京アラート」など、政府や都の対策は全て「要請(お願い)」ベースのもの。
強制力も伴わないし、罰則もない。
あ…最近「自粛要請に従わない場合は、罰則も…」論議がされていますが、「自粛」であり「要請」なのに「罰則はおかしい」や、「保証なき要請に罰則?」といった意見もあり進んでいません。

発生源がある程度分かっているのなら、「発生源にフタをする」のが本来であり、「発生源に行くな(近づくな)」の呼びかけだけでは収まらないでしょう。
結果的にはクラスターの発生しなかった「パチンコ」を店名まで公開して攻撃したのに、クラスターの発生している「接待を伴う飲食店」・「感染対策の甘い店舗」に対してはなんの対策もしない。

小池都知事の対策はいつもちぐはぐで、内容の伴わない「やってる感」の演出のみ。
やたらと横文字を並べ、キャッチコピー作りにはご就寝な割には…いかがなものでしょうねぇ。

続きを読む