節電」タグアーカイブ

【節電エコ】電気料金のお話

先日の「でんき家計簿」以来、ちょっと思うこと・感じることがありまして…

原子力発電が止まり、代わりに化石燃料を使う火力発電がフル稼働。天然ガス、石油などの燃料・輸入コストの上昇などにより、電気代はうなぎのぼり。

まぁ早い話が、電気代を節約したいなぁって事なんですけどね(笑)

皆さん、電気代って気にしますよね?私は。先月と比べて上がってる・下がってるくらいは気にされてるかな。←私もそうでした。毎月は気にするけど、年間を通しては考えてなかったんですよね。
それが、東京電力の「でんき家計簿」を見て…おぉ~年間だとこんなにかかってるんだ!って思い…

電気料金の内訳ってご存知?そう、毎月検針時にポストに入ってる「電気ご使用量のお知らせ」っていう紙切れに書かれてますよね。
私もあんまり気にして見てなかったんだけど、改めて見ると分かりにくいっていうか…

いくつか項目・数字が並んでますが、重要なのが

  • ご契約種別
  • ご契約(アンペア数)
  • (電気の)ご使用量
  • 請求予定金額
  • 料金の内訳

の4つ。(東京電力、2014年9月14日現在の金額です)

ご契約種別にはおそらく「従量電灯B」ってなってるかな?ウチもそうだけど、一般の家庭ならほとんどそうなってるはず。
で、従量電灯Bはアンペア契約になっていて、使用量に合わせて10~60A(アンペア・ブレーカーの容量)で契約するようになってます。ちなみにウチは40A。そう!いっぺんに40A以上使うとブレーカーが落ちる!
で、契約アンペアによって基本料金が違うんです。例えば最低の10A だと280.8円。最大60Aだと1684.8円。※40Aは1123.2円っすね。
電気を使う使わないにかかわらず支払うお金。言ってみれば「基本料金」っすね。

ご使用量は、読んで字の如し。使った電気量。単位はkWh(キロワットアワー)。1時間あたり何キロワット電力を使ったかっていう数値です。
電気は1kWhを最低単位として料金が発生します。ん?kWhってなに?の説明が必要ですね。
kWは1キロワット。1000Wで1kWになります。Wはワット電気量の単位です。ドライヤーは600Wとか、60ワット電球とか言いますね。
電気量は1時間当たりで言いますから、例えば100Wの電球を1時間つけっぱなしにすると100Wh→0.1kWhになります。

請求予定金額は、読んで字の如し、払うであろう(予定ね)電気料金。内税で表されてて、消費税相当額が別途記載されてます。
基本料金+使った量の電気代+訳わからんのが2つの 合計金額です。

料金の内訳はちょっと複雑。電気の使用量によって3段階に分かれてるんです。
※1kWh当たりの金額(税込み)

  • 第1段階料金:120kWhまでが19.43円
  • 第2段階料金:120kWh~300kWhまでが25.91円
  • 第3段階料金:300kWh以上は29.93円

これくらいあれば最低限暮らせる(根拠は分からないけどw)っていうのが第1段階で、料金も低く抑えられてます。で、標準家庭なら第2段階料金で行けるでしょう。それ以上はちっと贅沢じゃね?って言うことかなw

おそらく皆さんも第2段階料金内で暮らしてるかな?夏とかエアコンをフルに使っちゃうと第3段階行っちゃう?なので、第1段階料金の範囲で生活できれば、節電にも大いに貢献できるし、電気料金も下がるよねw

さっき書いた「訳わからん2つ」っていうのが、「燃料費調整費」と「再エネ発電賦課金」。
燃料調整費…燃料費が上がったら負担してね。下がったら調整費も下げるよ。って言うことらしい。燃料代上がったら、負担してねってことらしいけど、それってさっきの1kWh当たりの電気料金に含まれてるべきものなんじゃないの?よくわからんが、負担させられてます。詳しくは東京電力のウエブで!

再エネ発電賦課金っていうのも、よくわからん費用負担。太陽光発電などで電気の買取制度やってるじゃない。アレの原資になってるらしく、よーするに、太陽光発電で作られた電気を高く買ってるんだから、その分負担してね。みたいな感じ。
消費者に関係ないじゃん。でも負担させられてます。これも詳しくはウェブで

いかん、長くなってしまったw

で、節電して電気料金を下げようプロジェクト。目標は前年同月の電気料金・使用量を下回ること!

でんき家計簿っていうサービスがあるからこそ、やってみようって思ったわけですw
本日ここまでw

でんき家計簿 by 東京電力

暑い夏!電気の使用量もうなぎ登りでしたよね。毎月の電気料金、かなり気になるところです。

自分の家で毎月どれくらい電気を使ってるかご存知?
電気料金は気になるけど、電気の使用量ってあんまり気にしてないご家庭が多いような…
もちろん使用料=料金ですから、節電意識は高いと思いますが。
かくいう我が家も、料金は気にしてても、どれくらい使ってるか、○○キロワットとか言われても、あんまりぴんとこなかったんです。

うちは東京電力管内です。
東京電力のホームページで「でんき家計簿」なるサービスを見つけて、早速登録してみました。

過去2年にさかのぼって、毎月の電気使用量とか電気料金が「見える化」されるサービス。
年間を通じて、前年との比較がグラフで見えるんですよ!

でんき家計簿の比較グラフ

毎月の電気使用量が一目でわかる!

恥ずかしながら、我が家の電気使用量のグラフ。(契約は40Aです。)
水色が前年の使用量で、青色の棒グラフが今年の使用料。折れ線グラフは同じ契約アンペア数の家庭の平均的な使用料を表しています。

こうやって見ると、1、2、3月が前年同月より使用量が多くなってますねぇ~なんてことが一目でわかる!
7、8、9月は前年より下回ってるなぁ。同じだけエアコンを使ってるはずなんだけど、去年の方が暑かったのかな?なんてね。

ちなみに今月(8月5日~9月2日)の電気使用量は292kWh。料金は8,817円となっております。去年は400kWhを越えてるから、今年は結構節電した?

このグラフの他にも「使用量をみんなと比べる」っていうメニューもあって、ウチと近いプロフィールの家庭と比べることもできて、省エネ上手なご家庭が205kWhらしい。ウチより90kWh少ない!節電してるなぁ~なんて思ったり。

他にも、主だった電化製品(冷蔵庫とかエアコン、テレビ…)を登録しておけば、節電のアシストもしてくれるみたい。

これって結構いいかも!見えない電気が視覚的に分かるんですよ!前年との比較もできる。節電対策にも、このデーターは有効に活用したいですね~※もちろん無料のサービスですよw

ということで、本日は「節電」にも大いに活用できる「でんき家計簿」のお話でしたw