タグ別アーカイブ: 簡単

メスティンで豚丼!シーフードピラフ!簡単だけど美味しいんだよね(^_^)v

まだ外に持ち出せてないんだけど(汗)
先日購入したメスティンエスビットのポケットストーブSOTOのレギューレーターストーブST-310を使って、お家アウトドアでございますw

家なので、キッチンのガスコンロと鍋とかでもいいじゃん!
って思われる方も多いと思いますが、そこは…斜め向こうに置いといてw
お家でアウトドアのマネゴト?練習?w

という事で、メスティン!
放ったらかし炊飯、ラーメン(棒ラーメン)に続くお料理は…

炊き込み系ですが…豚丼w

炊き込み系ですが…豚丼w

豚丼w

1合のお米、豚肉(今回は豚カルビを使いました)、すき焼きのタレ、玉ねぎ。
ドバドバっとぶち込んで、エスビットのポケットストーブ+25グラムの固形燃料で…

放ったらかし「豚丼」でございます。

続きを読む

アナログ音源を簡単にデジタル化!プリンストン 「デジ造」 (音楽版)

さすがにカセットテープとかは、もう持ってないと思うけど…
過去に録音したテープ、MDとか結構部屋にあったりするんですよね。
※今の世代って、カセットテープとか、テープデッキとか知らないだろうなぁ(汗)

CDプレーヤーを持ち歩いてる人って、今では皆無ですよね。
まぁCDはパソコンでmp3ファイル化することは一般的(?)なんだろうけど、カセットテープとかはねぇ。
※今の世代って、ウォークマンて言えばメモリー内蔵のミュージックプレーヤーなんだろうけど、おじさんの時代はカセットテープのプレーヤーだったのだw

カセットテープはデッキが壊れちゃったし、諦めて全部捨てた。
※デッキ(ハード)がなければ、ソフトってその時点でアウトなんだよね~

MDがまだ残ってて、MDプレーヤーが動くうちにデジタル化(mp3ファイル)にしたくて…

プリンストンのデジ造 音楽版。アナログ音源を簡単にデジタル化出来る!

プリンストンのデジ造 音楽版。アナログ音源を簡単にデジタル化出来る!

と言うことで、買ってしまいました。
プリンストンの「デジ造 音楽版」。(型番はPCA-ACU)アナログ音源をUSB経由で簡単にデジタル化(mp3ファイル)に落とせる優れもの!
※ジョーシンで買ったんだけど、2,500円くらいだったかな?

続きを読む

【節電エコ】お金をかけずに節電しよう!

前回のログで、電気料金の概要と節電目標を設定しました。

節電目標:前年同月の使用量・料金を下回ること!

前年の10月の使用量は、でんき家計簿によると、339kWh。料金は9780円となっています。この使用量・料金を下回ることが目標です。
10月といえば秋!涼しくなってくるんですよね~そう!こたつとかファンヒーターなどの暖房器具を使用し始める時期です。電気の使用量も増えそうな予感(汗)

そこで、いかにして節電するか!皆様のご家庭でも、色々工夫されてると思いますが、ちょっとおさらい。

節電方法って大きく分けて2種類あります。ご存知です?

  • お金をかけずにすぐでも初められる方法
  • 初期投資(先行投資)が必要な方法

この2つ。
今回はお金をかけずに、すぐ初められる節電方法をご紹介させていただきましょう。
※節電の前に、現状は把握しておいてくださいね。でないと節電の効果が時間出来ません!

お金をかけずに節電する=手間はちょっとかかる。って言うことは認識しておきましょう。でも、難しく考えることはありません。おそらく普段やってることの延長のようなものですから。

おそらく皆さんがやってる節電は…「不必要な電気は使わない」。これに尽きると思います。例えば

  • 人が居ない部屋の電灯、暖房器具などは消す(OFFにする)
  • 見ないのならテレビはつけっぱなしにしない。

最近は「待機電力」っていう言葉もよく耳にしますね。
例えばテレビ。リモコンでON/OFFされると思いますが、リモコンでONになるまでテレビは待機してます。簡単にいえば、テレビのセンサーがリモコンの信号を感知できるよう電気回路が作動してるんですね。おそらく数ワットの電力だけど、それだって全然使ってないのに無駄です。

はい!コンセントを抜いちゃってください!これで待機電力は0です。

でも、コンセントを抜くと困る機器もあるんですね。そういう機器はコンセントを抜くことができず、待機電力を消費してしまいます。まぁ仕方ないことですが。
時計が内蔵されてる機器とかは要注意ですね。例えば、昔のビデオデッキとか。これらの機器はコンセントを抜くと時計もリセットされてしまいます。

近頃の液晶テレビとかDVD・ブルーレイデッキとかは、自分で時計を合わせるものもあります。そういう機器はコンセントを抜いてもOK!ガッツリ抜いちゃってくださいw

そうそう、意外と盲点なのが「ウォシュレット」。便座のヒーターとか、使ってもないのに結構電気食ってます。エコモード搭載の機器は、必ずエコ設定!もちろんコンセントを抜けば待機電力は0です!

コンセントを抜くのが面倒なら、スイッチ付きのコンセントに変えてください。
あ、ちょっと初期投資かかりますね(汗)。今回はお金をかけずに…ですから、この話は後日w

数ワット、例えば10wでも1日24時間365日つけっぱなしだと、87,600w。つまり87.6kWhということになり、年間にすると2,365円(※1)の料金が発生するんです。月に直すと約197円ですね。
※1:便宜上1kWh当たり27円で計算しています。コンセントタイプの電力メーター(ワットメーター)の料金計算が27円なんでw

小さな消費電力でも、積もり積もれば結構な量になる。節電って細かい数値の積み重ねなんですねw

そうそう、数百円単位で節約でる取って置きの方法もあります。それは、「契約アンペアの見直し」!

皆さんのご家庭では従量電灯Bっていう契約になっていると思います。アンペア事の契約になるんですけど、例えば40Aの契約を30Aに変更すると、月々約281円基本料金が安くなります。20Aに変更すれば約572円の節約!

これって結構大きな金額ですよね。ただし、契約アンペアを落とすと、それだけ(同時に)使える電力も少なくなります。

40A契約なら、例えば100Wの電球約40個が同時にた使えますが、30Aなら30個に減ります。例が極端ですが(汗)

家庭の電気は100V。 100Wの機器を使うと1Aの電気が流れます(ホントはちょっと違うけど、簡単に説明すると…ですね)。冷蔵庫500W+電子レンジ1000W+ドライヤー1000W+エアコン1000W=3500W。100Vで割れば35A。30A契約ではブレーカーが飛びます!
でも、同時に使わなければ、ブレーカーは落ちません。30A契約でも十分っていうことになりますよね。

契約アンペアを見直す場合は、同時に使う機器の消費電力を知っておく必要があります。逆にそれが分かるなら、契約アンペア数を見直す(落とす)ことも、節約の選択肢に入りますよね。
※契約アンペア…詳しくはウェブでw

節電、節約は小さいことの積み重ね!今回のポイントは…以下の3つ!

  • 不必要な電気は消す
  • コンセントを抜いてもいい機器は、コンセントを抜く(待機電力削減)
  • 契約アンペアの見直し

もちろん無理してはいけません。出来る範囲でいいと思うんです。
節電エコ生活の第一歩として初めてみませんか?

ということで、本日ここまでw