タグ別アーカイブ: 給湯器

マンション TES 熱源機交換から約3ヶ月が経ちました…

今年(2014年)の2月中旬にTES熱源機を交換してから約3ヶ月。もちろん故障は皆無で、毎日順調に動いております。

以前使っていた熱源機は16号で、今回新しく付けたのは24号。給湯能力は格段に上がり、シャワーを使っていてキッチンでお湯を出しても、極端に湯量が落ちるっていうこともなく、快適にシャワーが使えてます。
※もちろん、若干湯量は落ちるけど、気になるほどではないです。

でも、気になることは、やっぱりランニングコストですよね。

ウチは冬の暖房はほぼ床暖房のみ。なので、ガスの消費量は夏場に比べてほぼ4倍から5倍ほどになります。金額的には1万2~3千円くらいかな?で、今回24号にしてからは、千円から2千円弱コストが上がりました。
もちろんガス代の値上げとか消費税が増税されたし、以前と全く同じ使用状況じゃないので、比べようがないのですが…それでも号数アップによるコスト増は有りますよね。

でも、自動お湯はりとか、シャワー(湯量)を考えると、16号ではなく24号を付けて正解だったかなぁ。って思ってます。

ちなみに約15分で自動お湯はり出来るんだけど、5分前に「あと5分でお風呂に入れます」みたいなアナウンスがあるので、急ぐ時は入っちゃいますwお湯もほとんど張れてるし、別にぬるくないし…ちょっとだけガス代節約w
あと、自動保温4時間で設定してるんだけど、お湯張り終わったらなるべく集中して入って、自動保温はOFFにした方がガス代節約になりますねw

そうそう、電気式保温器って売ってるんだけど、追い焚き機能のないお風呂の方にはオススメ!熱帯魚の保温器みたいなののでっかい版を湯船に入れておけば保温できるし、ガス代・水道代の節約に一役も二役も買う優れものですね。

話がちょっとずれちゃったw

同時に交換してもらったビルトインコンロも、今のところ故障知らずで毎日活躍してくれてます。
ウチは右側が大火力バーナーなんですけど、左側のノーマルバーナー、とろ火調節を勝手にやってくれるんですね!弱火と中火が自動でカチカチ切り替わるんですよ!壊れてるのか!って思ったんだけど、正常動作みたい。例えば、フライパンの温度とか一定にしてくれるので、たまごやきとか綺麗にできる!
※私は料理はあんまりやらないので、よく分かりませんがw

熱源機もビルトインコンロも、今のマンションに入居してからずっと使ってましたし、故障すると緊急事態!よく働いてくれたけど、自動お湯はりでエラーになったり、異音(おそらくポンプのモーター)がしたり。コンロもバーナーの穴がふさがって大火力バーナーが使えなかったり…色々あったけど、今はどちらも安心して使える。やっぱり安心が一番良かったって思ってます。

熱源機&ビルトインコンロのその後…は、定期的にアップしていく予定ですので、熱源機、ビルトインコンロの交換をお考えの方、たまに覗いてくれると嬉しいですw

業者選びで思うこと、大切なこと(熱源機交換)

熱源機やガスコンロ(ビルトインコンロ)、給湯器などの交換の時、最初に悩むのが「業者」探しと選定。
ふだんの生活の中では接点がほとんどないので、最初は闇雲にネットで検索したり、ホームセンターやショールームを見たり。
私はネットで探したんだけど、検索するだけでホント多くの業者さんが出てくるんですよね。

ちなみに、ネットで多く出てくる業者さんは、一言で言えば「工事屋さん」。熱源機や給湯器を売ることで利益を出してるのではなく、交換や取り外しなど工事そのもので利益を出してる業者さんが多いです。
なので、極端な言い方をすれば、工事が終わった時点、代金を精算した時点で縁が切れる。アフターサービスはほとんど無いって思ってた方がいいです。

もちろん保証はあります。私がお願いした業者さんも工事部分は10年保証、機材はメーカー保証があります。
ここで注意することは、あくまでも「業者さんは自分でやった工事部分のみ保証」であって、機器も含めたトータル、システムでの保証ではないって言うことです。

自分でやった工事のみ…業者さんが行った配管の取り外し・取り付け部分のみ保証。具体的に言うと、例えば、熱源機に取り付けた水道の配管、お風呂への配管などの機器への接続部分の水漏れは保証の範囲だけど、それ以外は保証の範囲外っていう感じ。
熱源機や給湯器、ビルトインコンロなどの機器本体はメーカー保証で対応。つまり、故障したらメーカーに修理依頼する。もちろん自分でね。
故障の切り分けも自分でやる必要があり、適切な場所(メーカー?工事業者?)に連絡するのも自分でやる。

ちょっとリスクが高いって感じる方もいらっしゃると思うけど、ガス器具って元々耐久性っていうか安全性は高いし、故障率も低い。うちは19年使ってたけど、故障(お風呂の自動お湯張り)は今回が初めて。もちろん漏水、ガス漏れも全くなかったです。

故障したら自分で適切に対応する。リスクは高いかもしれないけど、それに勝るメリットが「価格・代金」。
うちが付けたリンナイの熱源機、希望小売り価格は40万円を超えています。でも見積もりでは17万円ほど。リモコンやその他の機材を加えても機材一式で23万ほどです。で工事費が4.5万円ですから、合計約27万円ほどです。

機材については、各業者さんで同じ値段って言うわけではないけど、高くても希望価格の半分以下!これは魅力ですよね。

故障したときに自分でっていうリスクは十分認識しておく必要はありますが、コストパフォーマンスで考えると、専門の工事業者っていう選択肢もありだと思うんです。

高くてもアフターサービス・システムサービスを望むのか、リスクはあるかもしれないけど価格で選ぶのか…じっくり考えて業者さんを選びましょう。

どちらにしても、信用・実績第一ですよ!
そして、必ず複数業者から見積もりを取りましょう!
・機材の提供価格
・工事・作業の金額
・工事内容
疑問があれば、必ず業者さんに質問してください。
説明などの対応も含めて業者さんを選んでくださいね!

ガスに関する豆知識 給湯器の号数

各社に見積もりを依頼したり、電話で話をしたり…私も少しは知識武装しないとね。

ということで、まずは給湯器(熱源機)の号数のお話から…
給湯器には号数があって、簡単に言うと給湯能力かな。数字がだいたいのお湯の出方?1分間に一定の温度のお湯をどれだけ出せるかってことかな?例えば、16号だと、1分間に16リットルお湯が出せます。
※厳密には元の水の温度が関係してくるけど…

16リットルって言っても分かりにくいですね。…シャワーを通年使える位って言えば分かりやすいかな?

キッチンなどで使う量がだいたい8リットル。シャワーで16リットルが目安になります。なので、シャワーだけなら16号で十分って言うことになりますね。

でも16号だとシャワーを使っているときに、キッチンで蛇口をひねったら…シャワーが弱くなります。シャワーもキッチンもって言うことなら16+8で24号の給湯器で余裕ありになりますね。

ちなみにウチで使ってるのは16号の熱源機(AT-241RFAだから24号かと思ってたら違ってたw)。なので、シャワー中にキッチンでお湯を使うと、シャワーが弱くなる。夏はまだ水が温いからそんなに弱いと感じないけど、特に冬場は水が冷たいから弱くなりますね。

なので、今回は24号に能力アップ!なのです。
あ…能力を上げると当然ガスの消費量もアップします。ただ、今までよりもお湯の出は良くなるはず。なので、どっちがエコかはよくわからないですね。

ただ、給湯器(熱源機)の熱交換効率も20年前の機器に比べれば格段にアップしてるはず。もちろんエコ性能もね。なので、実際に交換して使ってからの検証になるでしょうね。

 

ガスに関する豆知識 給湯器・熱源機

①蛇口をひねるとお湯が出る
②お風呂にお湯を張る(追いだき機能付き)
これが給湯器の機能って言うか役割(ガス風呂給湯器)。
※給湯専用機は①だけね(ガス給湯器)

上の2つに加えて温水式床暖房など、③暖房器への給湯ができる物を「熱源機(ガス給湯暖房熱源機)」って言います。東京ガスのTESの熱供給などで使われています。

余談ですが…温水式床暖房いいよぉ~。ウチは冬は床暖のみです。一度使うと冷たい床に違和感感じますよw

お風呂については、オートとフルオートがあって、どちらもお風呂ボタンを押せば・設定した湯温で、設定した湯船内の位置(高さ)までお湯を張ってくれ(自動お湯張り)、一定時間(3~4時間程度)保温(自動で追いだき保温)してくれます。入浴中はお湯が冷めないようにちょっとだけ追いだき(マイルド追いだき)をしてくれます。

これだけでも便利なのに、フルオートはさらに…湯船のお湯が少なくなってきたら自動で足し湯してくれます。そしてお湯を抜くと配管内を自動で洗浄(配管クリーン機能)してくれます。

お風呂の配管内って残り湯みたいなもの。雑菌の温床になってるんですね。配管内のお湯を抜くって、衛生的にもすごくいいことなんです。

もちろんフルオート付きの給湯器(熱源機)の方が値段も少し高いのですが、衛生的にもフルオートの方がおすすめですね。

最近では「ecoジョーズ」って言うのもありますね。ecoジョーズは約200度にも達する排気熱を利用して熱効率を高めたもの。排気で温められた水をガスバーナーで一定温度まで加熱する。水からの加熱よりガス使用量も少なく…エコw

ただし、ecoジョーズはドレイン排水を処理する必要があるため集合住宅では設置できないようです。(最近は設置できるようですが特殊な設置工事が必要みたい)

※給湯器・熱源機によって搭載する機能が若干違うかも。なので、参考程度にねw

マンション TES 熱源機交換奮闘記 見積もり編2

見積もり依頼を出したのは土曜日。日曜日にはまずA社から見積もりが出てきた。早い対応にびっくり!
B社C社も相次いで返事が来たんだけど、この時はビルトインコンロの機種を指定していなかったので…A社と同じビルトインコンロで見積もりを依頼。月曜には3社の見積もりが揃いました。

3社とも熱源機はリンナイの24号。ビルトインコンロは私から機種を指定してるので、同じ機種でご提案いただきました。

機器、設置工事を含めた見積金額は、C社<A社<<<B社の順。同じ機種(熱源機、ビルトインコンロ)でも、機器のご提供価格、作業工賃…各社バラバラなんだなぁ。って思ったり。
※C社は確かに合計金額は安かったけど…これにも色々(汗)

実は熱源機の交換で、一つだけ特殊なことがあるんです。それは、排気管の形状。
うちのPS(パイプスペース)には扉がついていて扉の中に熱源機を設置するんだけど、扉の開けられている排気口は長四角なんです。で、通常の熱源機は、標準が細長いスリット状で、PS設置用は丸いんです。
で、リンナイの機種は、標準トップと丸トップにしか対応していないのよね。(ほかのメーカー、機種でも大体同じ)

A社とC社は角型の排気アダプタ(角トップ)で扉の排気口形状に合わせる提案なんだけど、B社だけは「それはできないから、扉を加工して丸排気に対応する」っていうご提案。
ご存じかもしれないけど、マンションのPS、扉って共有部分。共有部分に手を加えたり外観を変えることはできないし、やろうとすれば管理組合に話をして総会で住民の意見を聞いて…などの手続きが必要で、それこそ何ヶ月もかかってしまう話なんです。

同じリンナイの機種なのに、なぜC社だけ対応できないのか…A社は丸トップの機種を角トップに変更する、C社は標準排気にアダプタをつけて角トップに。つまり、角トップにするには2種類の選択肢があるわけで…でもC社ではできないらしい。ということで、この時点でC社は脱落。
見積金額は最低額を提示だったのになぁ…

ちなみに、C社の見積もりには角トップ以外に、本体7年保証(基本2年。3年に延長可能。それ以降は有償)が入ってなかった。7年延長保証は、だいたい7千円から8千円くらい。延長保証をプラスすると、A社の見積もりとほぼ同じくらいになるんだよね。
そうそう、B社の見積もりにも延長保証は入ってなかった。初めから見積もりに入っていたのはA社だけでした。

で、見積金額が一番高かった(他社より5万円位高い)B社は、金額的に合わず…脱落。

とぴうことで…

リンナイRUFH-V2403AT2-3

リンナイ24号フルオート熱源機RUFH-V2403AT2-3(B)。丸トップを角トップに変えて設置予定です。

・24号フルオート、角トップでのご提案
・7年延長保証(設置工事事態は業者で10年保証)
・金額的に他社よりそんなに高くなかった。まだ交渉の余地がありそうだったしね

A社に絞って交渉することにしたのです。

見積もり編1に戻る ー見積もり編3に進む